≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013冬 宮城ツアー③ 

 大川小学校でつらい気持ちになりましたが、私たちは今生きている。前を向いて生きていかねばなりません。がんばるべ!

 その日は松島まで戻って「ホテル大観荘」に宿泊です。高台にあるので、絶景…は夜なので見えません。ご飯食べてお風呂入ってオシマイです。

 翌朝、朝風呂を引っ掛けるために6時前に起きだすと、朝焼けの絶景が広がっていました。日本三景の一つですが、ここだけはゆっくり見たことがありませんでした。昨夏もスルーしてしまっていたので、これで三景制覇、という気分です。

2013 宮城ツアー28

2013 宮城ツアー29

 温泉ではありませんが、ゆったりできるいい宿でした。8時の出発時、気温は-1℃。クルマの中に入れっぱなしだったコーラがよく冷えていました。キンキンのところをいただこうとプシュッ! するとみるみるうちにシャーベットが浮き上がってきました。どうやら、過冷却現象のようですね。冷蔵庫よりも美味しく冷えてましたよ。

 この日はまず松島観光。
 といっても…。
2013 宮城ツアー30
2013 宮城ツアー31

 お店が全然開いてない…ことではなく、お店ばっかり! 風情がないな~。日本の観光地の猥雑さが凝縮されてますよね。日本はいいところもたくさんありますし、そこへ行くのも好きなんですが、こういう有名観光地の雰囲気だけは好きになれない。
 無秩序すぎるんですよ。それぞれが胴欲なほどに個を主張しすぎていて、そこに立つだけで辟易して疲れてしまいます。

 オランダに行ったとき、アイントホーフェンという町を訪れました。電機メーカーフィリップスの本社があり、かつエールディビジの雄PSVが本拠を構えるところです。取り立てて観光の目玉があるわけでもないのですが(私たち夫婦もサッカーを見に行っただけ)、清潔で秩序だった町並みを歩くのは非常に快適でした。そういう雰囲気が味わえる街が殆ど無いのが悲しい。

2013 宮城ツアー32
 それでも、五大堂のある島に足を運べば、多少は浮世の喧騒から離れられます。五大堂は松島湾に望む仏堂で瑞巌寺の管理になります。瑞巌寺も行ってみたかったのですが、本堂改修中ということでパス。
 五大堂は1609年に伊達政宗の建立によるものが現存しています。仙台市内は空襲を受けているため、政宗の廟所である瑞鳳殿も再建ですが、松島は仙台から遠かったために難を逃れたのでしょう。

 五大堂は桃山建築ですから、建築時には荘厳な極彩色だったかもしれませんが、今はまるで朽ちたかのようになっています。海に面していますから、400年以上ずっと潮風にさらされていたわけで、(おそらく)塗装も剥落しきっています。もの寂びた雰囲気がかえって木組みの美しさや構造の華麗さを際立たせています。

2013 宮城ツアー33
  特に深い軒は素晴らしいですよ。二段で組まれた垂木の構造美は豪壮でありながら繊細さも併せ持つ桃山建築ならでは。眼福です。

2013 宮城ツアー34
 ただ寒さは参ります。海鳥たちも見を竦めていますね。





▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。