≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今まで乗ったバイクを振り返る 

 5年ぶりのバイクリターンを記念(?)して、今まで乗ったバイクをちょっと思い出してみました。まぁ、言うほどの車歴があるわけではないんですけどね。

1台目 RF400R
rf400r red
(写真は拾い物で赤ですが、私は黒に乗りました)
 大学生の頃に免許をとって、最初に乗ったのがスズキのRF400Rです。当時、旅行の手段としてバイクを考えていました。お城や史跡巡りをするのに、公共交通機関では限界があったんです。
長距離ツーリングに耐えられるもの、ということで、はじめはスズキのカタナ400を候補にしてスズキのショップに行ったんです。
 ところがその店でRFが発売になるのを知り、個性的なルックスに一目惚れして契約しました。公式の発売日前に納車されるという超初期のユーザーになったのです。なのでのちに出る可変バルタイは未装備です。

 RF400RはGSX400Fの実質的な後継機。新開発の高剛性フレームに、GSX系の水冷直4DOHCエンジンを搭載、さらに個性的なフルカウルを装備しています。このカウルが当時人気のフェラーリ・テスタロッサばりのダクトが入っていて、めちゃくちゃ目立ちました。見た目だけじゃなくて、ウィンドプロテクション能力が高く、高速でも楽チン。ダクトもラジエーターからの排熱が足に当たらないようにしてくれるので、夏場もあまり熱くならないという良さもありました。
 テールランプも横に広い独特のもので、後ろから見てもびっくりな感じでした。
 実際、指さされたり、声かけられたりすることが多かったですね。

 エンジンは53ps規制の頃なので、そこそこのパワーですが高速でも十分な余裕がありました。低速から十分にトルクが出ていたので、街乗りでも不自由せず、ワインディングでも速い万能エンジンでしたね。ややメカノイズは気になりましたが。
 シャシーものちの900ccまで登場するほどの高剛性フレームでしたから、エンジンパワーに対してオーバースペックなほど。フロントはオーソドックスな正立フォーク、リアはリンク式モノショックにアルミ製スイングアームです。高速道路ではビシッとした直進安定性、ワインディングでは高い路面追従性があり、初心者には安心感の高いマシンでした。

 ただボディ自体も大柄ですし、フルカウルということもあって車重はクラスでは重い方でした。乾燥重量で184kg、押し歩きには苦労しました。ポジションはそれなりの前傾姿勢を強いられ、ステップ位置も高かったので、ボディの大きさの割には窮屈で、そっちはしんどかったです。のちに手放した理由です。

 4年ほど乗りまして、忙しくなってバイクに乗るチャンスがあまりなくなったので手放しましたが、最初の愛車ということで思い出深いですし、今見ても斬新なスタイルは魅力的で、たまに見かけるとうれしくなってしまいますね。

2台目 VTR250
vtr250 new
(写真はモデルチェンジ後)
 RFのあとは5年ほどのブランクがありました。この間、ロードスターとかに乗っていて、あまりバイクに気が向かなかったんです。ただロードスターを手放したあと、通勤の足が必要だったので選んだのがVTRでした。乗り出し価格・維持費が安いのが大きかったですね。

 RFと打って変わって、軽量コンパクトな250ccということで、自転車感覚で乗れたバイクでした。タコメーターのない初期型です。エンジンがVツインなのでボディもスリム、パワーは32psとおとなしめですが、VT以来熟成を重ねてきただけあって、低速で粘り、高速ではスムース、燃費は街乗りでもリッター25km、ツーリングでは30kmを超えるほどで、車検がない、タイヤが安いことも合わせて、非常に経済的でした。
 ドゥカティもどきのトラスフレームはやや剛性が低く、RFの感覚で高速を走ると、かなりヨレがあって不安定に感じました。はじめは怖くて100キロ以上出せなかったですからね。リアサスはリンクレスのモノショックも平凡なもので、落差を感じたものです。しかし慣れてくると結構平気なもので、むしろ軽さを生かしてヒラヒラ楽しく峠を走ることができました。
 意外と遠出もしていて、佐渡島に渡ったり、フェリー使って九州・四国行ったり。燃費がいいので、航続距離も長めでよかったです。
 4年ほど乗りましたが、事故ってしまって廃車。あっけない最期でした。すまぬ…。私は擦り傷だけで済んだので、これもVTRのおかげです。

3台目 ホーネット600S
ホーネット600s 2

 VTRが廃車になったあと、すでに大型免許を持っていたので、乗りやすい大型ということを考えて探し、中古で購入。VTRはカウルレスなので高速がちょっときつかったのですよ(メーターバイザーぐらいはつけましたが)。そこでハーフカウル装着のモデルにしました。
 ボディは250のホーネットとほぼ共通のバックボーンフレーム。非常にコンパクトで、600ccでもRF400Rより軽くて扱いやすかったですね。エンジンはCBRのデチューン版。それでも69psと軽量ボディを考えると十分以上のハイパワーでした。
 ホーネットらしくタイヤも極太180サイズ、すごく高くて大変。でもほとんど街乗りだったので、太いタイヤの両サイドは全然削らないままで、非常にもったいなかったですね。
とにかく速いバイクでした。軽量なので凄まじい加速を見せ、シグナルグランプリではほとんど負けません。普通に流れに乗ってると絶対間に合わない信号も青のうちに通過出来ちゃうので、ワープしているじゃないかってくらい速かった。
 代償も大きかったですけどね。まず熱的に厳しい。ラジエーターが結構小さく、冷却が追いつかないのか、とにかく熱い。カウルによる排熱コントロールもないので、夏場の市街地では泣きたくなるほどでした。熱ダレしてエンストすることもしばしば。エンジン特性も割りとギュンギュン系で、つねに回せ回せと急かしてくるようなタイプ。巡航していてもなにか落ち着かず、加速しているかエンブレかけてるかどっちか。だからつい飛ばしてしまうというところがあって、最初は楽しかったんですが、結局疲れてきてしまいました。
 そんなわけであまり思い入れも持てないまま手放した、とても申し訳ないバイクでした。

 それにしても、バラッバラな選び方ですね。ただオフにはあまり乗る気がないのと、アメリカンタイプにも興味がありません。
 さぁ、4台目とはどんなつきあいになるでしょうか。



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。