≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013 J2第7節 横浜FCvs熊本 

 ホーム開幕戦以来の三ツ沢です。先週の予報では爆弾低気圧の影響で大荒れ、とのことでしたが、今日は朝から晴れ模様。ただ、強風が吹き荒れるところは台風並みという低気圧の威力を感じます。
 ただ、日差しはあたたかく、桜こそ散ってしまっていますがチューリップは見頃。三ツ沢は季節感があって丘を登るたびに楽しみです。
2013 04-07-1
2013 04-07-3

 それから、今日は熊本戦とあって、昨シーズンと同様、くまモンが来襲しました。フリ丸と1年ぶりの邂逅です。
2013 04-07-2
2013 04-07-5
 この2人(?)、妙に友好的で、フリ丸は個人的に(!)くまモン財布を買ってぶら下げていました。選手の入場の時には最後に手をつないで入場しましたからね。

 さて、今日の強風はアウェー側スタンドからホーム側へ向かって、かなり強烈に吹いています。
2013 04-07-4
 山口監督と増田コーチもさすがに気になって、早い時間にチェック。結局、エンドは熊本が通常の逆に取りました。

 現在3連敗中の横浜。開幕戦以来勝利に見放されています。前節の大敗といい、どこかボタンを掛け違ったような感じです。
 開幕戦で機能していた松下の1ボランチが、その両側のスペースを狙われる傾向があり、また攻撃でも得点力不足が深刻です。
 そんな中でのスタメンは、

FW 黒津
MF 松下・寺田・佐藤・武岡・小野瀬
DF 西嶋・森下・スンジン・野上
GK 柴崎


 山形戦で意地のゴールを挙げた黒津がついに先発。また、攻撃のスイッチを入れる役として佐藤が起用されました。得点&守備の立て直しが期待されます。
 ところで、今日の試合、オフィシャルHPでエスコートキッズ参加権付きチケットの販売が告知されていました。こんなチャンスに子供たちを利用しまくって(ヲイ)きた私がこれを見逃すわけがありません。天気が心配でしたが、思い切ってこれを購入。首尾よくゲット出来ました。
 しかし困ったことに、恥ずかしがり屋のむすめは、この話をすると断固拒否。しまいには泣き出す始末です。とにかく食わず嫌いで、初めてのことに弱いだけに、いつものが出たな~という感じですが、もうチケットを買っていたので、やらないわけにも行きません。5歳からなので、弟くんの代理も不可能。なんとか説得して連れて来ました。
2013 04-07-7
 蓋を開けてみれば、なんてこともなく、年が近い女の子がいたせいもあって、お友達も作って楽しんで参加できたようです。ちっちゃい順だったので、そのお友達がゲームキャプテンの武岡と手をつなぎ、むすめは2番めに西嶋と一緒に入場しました。
2013 04-07-8
 記念写真もバッチリ! 向かって右から2番めです。並んでいる時には、スタンドのこちらに気がついて手を振る余裕もありました。
 …ところで、この左側の人達は誰?
 なお、その間弟くんは…
2013 04-07-6
 食欲大魔王でした。

 フォーメーションはというと、そろそろ諦めるのではないかと予想されていた松下の1ボランチは継続。ただ、佐藤が守備の時は下がり気味で2ボランチっぽくなるのが修正点かな。寺田はトップ下で、黒津の1トップ。武岡が右、小野瀬が左に開いています。
2013 04-07-9

 開始すぐにスタンドがどよめいたのは、やっぱり風。風下の熊本は、ゴールキックが押し戻されてハーフウェーラインを越えられません。
 ちょっとしたロビングもコースがぶれるので、ハイボールの競り合いは思うようにいかないし、ロングボールもブレまくり。ここに新しいフォーメーションのためか、横浜FCの動きは全体的にチグハグです。コンビは合わないし、パスもつながらない。熊本の早い出足にパスワークが封じられてしまいます。

 しかし熊本も開始早々に齋藤が負傷で北嶋にスイッチ。攻撃は単発で、たまに危ないシーンを作られるものの、迫力を欠きます。
2013 04-07-10

 このジタバタした空気の中で、数少ない得点の香りを持っていたのが黒津でした。やはりスピードは抜群ですね。風に乗ったロングボールを熊本DFが見送ってGKに渡そうとしたボールを掻っ攫ってシュート。枠に飛ばなかったものの、素晴らしい動きです。
 さらにセットプレーでも素早い出足でDFを振りきってヘディング。惜しくもポストを叩きましたが、これまでの横浜FCにないタイプで、楽しみです。
 2013 04-07-11

 後半は風下の横浜FC。熊本の出足が鈍ってきて、攻撃が機能しなくなり、たびたび横浜FCのフォアチェックにひっかかるようになります。
 とはいえ横浜FCもゴール前で慌ててしまい、シュートに怖さがありません。数少ない決定機も交代で入った中里のシュートがGK正面という始末。

 黒津がドリブルでしかけたり(シュートよりパスを選択。打ってよ!)、
2013 04-07-13

 小野瀬がドリブルでしかけたり(人数かけた熊本にシュートまでいけず…)、
2013 04-07-14

 西嶋がクロスを上げたり(クロスがシュートにつながらない…)、
2013 04-07-15

 横浜はリズムを取り戻した所で西嶋に代えて田原を投入。これでスンジン・森下・野上の3バック。相変わらず松下が1ボランチで、その前に小野瀬・佐藤・寺田・武岡が並び、田原と黒津の2トップという、3-1-4-2となりました。攻撃のリズムもよく、少しずつ押しこみ始めます。
2013 04-07-16

 しかし最後までゴールを奪えないままスコアレスドロー。ま、岡山戦みたいにロスタイムで失点しなかっただけいいか。すこし上向きのようにも見え、そうでもないようにも…。
2013 04-07-17

 次節は好調の京都とアウェー戦。昨年、京都戦で浮上のきっかけを掴みました。今年も!

 ところで、野上なんですが、攻撃でもいい動きをしていました。ボランチ起用をそろそろ見たいかも!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。