≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013 J2第10節 横浜FCvs神戸 

2013 04-21-1

 寒い!

 4月後半とは思えない寒さ。かなり重ね着をして、グリップヒーターまで作動させて乗り込みました。
 午前中の雨が止んで、少しは暖かくなるのかな、と期待していましたが、ご覧の曇天。冷たい風が吹き付ける、観戦には厳しいコンディションです。
 水曜日に唖然呆然の逆転負けを喫し、仕切り直しの試合ですが、相手は首位を走る神戸。どうなることやら。

 先発は、
FW 大久保・青木
MF 小野瀬・松下・佐藤・武岡
DF 森本・森下・スンジン・野上
GK 柴崎


 寺田はケガですかね? 初めて先発を外れました。ケガの西嶋の代役は森本。そして特筆すべきは、ついに松下をアンカーに置く4-1-4-1をやめたこと。松下・佐藤の2ボランチで、FWも大久保・青木が並ぶ2トップです。3ラインをコンパクトに保てるか。

2013 04-21-2
 ウォーミングアップの雰囲気はいいんですけどね…。

2013 04-21-3
 リードする展開ならカズの出番も…。

2013 04-21-4
 黒津はベンチスタートです。バックスタンドはサブ組のアップがよく見えます。

2013 04-21-5
 さぁ、キックオフ!

 …と気合を入れたものの、横浜FCが元気だったのは最初の数分。どうも動きの思い横浜FCに対し、神戸は元気いっぱい、パスワークが冴え渡り、次々にチャンスを作ります。

 神戸は1トップの田代が強靭なフィジカルで正確なポストプレーを見せ、その背後からポポとマジーニョが卓越したテクニックとパワフルな推進力を見せて横浜のディフェンスを翻弄。さらに両サイドからは相馬と奥井がスピーディな攻撃参加で厚みを加えます。
 プレーの判断も早く、パス・トラップが正確。横浜が目指すサッカーを、思う存分見せつけられました。

 特に、前半目の前でたくさん見せられた奥井は、運動量が豊富でスピードもあり、スキルフル。非常にいいサイドバックですね。マッチアップする小野瀬はなかなか前を向けず、消極的なプレーに終始しました。サイドバックの森本もまったく攻撃参加できません。奥井一人に左サイドを機能不全にさせられてしまいました。

 横浜はといえば、2ボランチが機能せず。
2013 04-21-6
 特に松下がよくなかったですね。展開力も見せられず、ディフェンスも迫力なし。佐藤はよく攻撃に絡んでたけど、パスの判断が遅く、ボールロストが多すぎです。

 それでも前半はなんとか0-0。後半の巻き返しを狙います。
 開始早々にビッグチャンスが生まれますが、5分、隙を衝かれてポポに突破を許し、個人技でゴールを決められてしまいました。

 その後も主導権を握られたままでしたが、松下を下げて中里を投入すると、中盤から両サイドに良いボールが出るようになり、サイド攻撃が活性化。とくに右サイドの野上がいい形でオーバーラップをしかけるようになり、チャンスが出きてきました。
 その野上が素晴らしいクロスをあげ、ニアで大久保がDFを引っ張り、そこにスンジンが迫力満点のヘディングを叩きこみ、同点。ようやく流れが!
2013 04-21-7


 …と思ったら、再びエアポケット。相馬が上げたクロスを、柴崎と競り合った吉田孝行に決められ、勝ち越しを許してしまいます。
2013 04-21-8

 細かく見ると、
大久保 競り合いでイ・グァンソンに完敗。仕事をさせてもらえず。
青木  元気の良いプレーを見せましたが、迫力不足。
小野瀬 サイドでは奥井に抑えられ消極的なプレー。FWに移って少し元気に。
武岡  中々ボールに触れず、インパクト小。ただし、ボールロストが少ないのはさすが。
松下  得意のキックにブレが多い。ディフェンスも効かず。
佐藤  攻撃ではチャレンジをしたが、ミスパスも多く、球際も弱い。もう少し判断を早く。
野上  ディフェンスは不満も、攻撃では1アシスト、チャンスを作ってました。
スンジン 1対1は悪くない。ゴールは素晴らしかったが。
森下  ポポ・マジーニョに苦戦。
森本  ディフェンシブで攻撃時に小野瀬をサポートできず。
柴崎  ファインセーブも多かったが、吉田のゴールは止めて欲しかった。前節もそうだが、決定的なポカが…。
中里  両サイドにワイドに展開させた。
黒津  目立たず。
内田  時間短し。

 全体的には、ロングボールの精度が低すぎ、ほとんど跳ね返されてセカンドを拾われる悪循環。ミスパスも多いし、トラップが収まらないこともしばしば。動き出しも悪いからパスが全然繋がらないし、もたもたして奪われることも。
 ちょっと低調な出来で、辛かった…。

 帰りの第三京浜の冷たい風が身に沁みたっす。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。