≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CB1100 インプレッション 

2013 04-25

 納車から1ヶ月が経過し、走行距離は800キロ程度。たまに高速に乗っていますが、ツーリングというレベルでは走っていません。ワインディングもあまり走っていないので、体がまだ馴染んでいない感じです。暖かくなってきたので遠出してみようかな。
 それでもとりあえず納車から一ヶ月がたったので、ポツポツとインプレというか、感想を書いてみたいと思います。

アイドリング
 FIの効果で始動は一発です。始動直後は1800rpm辺りで、住宅街では早朝では気になるかな、という感じですが、温まってくると1200rpm程に落ち着き、音も穏やかになります。
 4気筒らしく密度の濃いリズムで重低音が響きます。空冷らしいメカノイズはありますが、ガシャガシャという雑な感じはせず、質感が高いです。前車のホーネット600Sよりノイズは気になりません。
 メインスタンドから降ろすのはそれなりに大変。やっぱり重いですね。最初に乗ったRFも乾燥で184キロと、結構重くて取り回しには苦労しました。しかしCBはそれ以上ですから、気を使います。私自身も腕力がやや落ちているので、しっかり鍛えないといけないと痛感しました。

ポジション
 足付きは良好。176センチながらやや重心が低い私だと、両足ベッタリとは言いませんが踵がちょっと浮く程度で、重心が低い車体とも相まって不安はありません。片足ならべったりです。大型としてはかなり低いシート位置が効いてますね。
 そのかわり足の曲がりがやや窮屈ですね。上体がゆったりなのに、バランスが悪い気がします。といってステップを下げるわけにもいかないので、シート高をあげるしかないのかな。
 シート幅ですが、大型の4気筒エンジンを載せているので、フレームから絞っているとは言っても、それなりに幅があります。シートの一番前に座っても、内腿にやや圧迫感があります(足が太いということもありますが)。

 着座姿勢は、ハンドル位置の高い殿様ポジションです。ほとんど前傾せずにお尻にドッカと重心をかけるので、低めのシートもあって、クルーザーにでも乗ったかのような錯覚がしますね。油断すると猫背になってしまうので、シャッキリと背筋を伸ばして乗りたいものです。
 ただ、ハンドルは幅が広めでやや遠いです。ハンドルの高さは殿様ポジションでも、遠目のハンドル位置で見ると、やや前傾したほうがいいのかも知れません。ちょっとミスマッチなところかも。

走り出し・低速
 とにかくトルクが分厚いので、走り出したら重さは感じません。極低速からしっかり粘って、アイドリングレベルでスルスルと進みます。2500回転程度まで回せば、十分に流れをリードできるので、街乗りでもストレスがたまりません。ボディが大きいので、250のようにヒラヒラとすり抜けかましていくことはできませんが、ゆったりと車線変更をかけながら走れば十分に速いですから、セコセコ走る必要はないですね。
 気になるのは、極低速でフラつきを感じること。細いタイヤの影響? 意外とドシッとした感じはないです。

ハンドリング
 これだけのアップハンドルは初めてなので、感覚をつかむのに時間がかかっています。お尻で重心を動かしていくだけでスッとリーンして、その姿勢を維持するのも難しくありません。18インチタイヤと細めのタイヤならではのハンドリングなんでしょうね。
 コーナリングは楽しいですが、バンクしやすくてもそれでよく曲がるというのとは違うようで、なんか膨らんでいきそうな感覚があります。タイヤが細い分、グリップも強くないですし。
 要するに技能の低い私にとっては、コーナーを楽しめるバイクではあるけど、コーナーで速く走れるバイクではないってことですかね。積極的に体重移動してコーナーを駆け抜けるなんてめんどくさくなった40過ぎたオッサンにはちょうどいいバイクかも。

速度を上げると
 5速ミッションはステップも大きく、頻繁にシフトチェンジを楽しむようなものではありません。加速では図太いトルクをいかしてトントンと早めにシフトアップするほうがいいですね。5速60キロが2000rpm程。このあたりは振動もノイズも少なく、一番快適な速度域です。風圧も小さいしね。風切音が小さい速度なら、マフラーからリッターサイズらしい上質な重低音が響いてきます。マフラー交換ででかい音を出すよりよほどいい音だと思うんですけどね。
 そこからの加速もシフトダウンなしで十分です。これもよくインプレでは書かれていますが、アクセルを捻ったところから重厚な加速が始まるまでにタメがあるので、体が置いていかれるような怖さもありません。
もちろん、一気にいこうと思えば、一つシフトダウンしてアクセルを開ければ、そりゃもう、凄まじいもんで。お尻が後ろにずれてしまいますからね。
 CB1100は88psと、リッターバイクとしては見劣りするスペックです。でも、この加速は十分に常識はずれだと思うのですが。ホネ6は確かに速くて、軽量ボディもあいまって街乗り最速バイクの一つだと思います。特に高回転まで回すとモーターのようにキューンと加速していき、ワープ状態。
ところがCBは、盛り上がりというのはなくても、常識的な速度までならずっと極太のトルクでグイグイ加速する のですよ。そうすると、中低速でゆったり走っているときは感じなかった重い車重を、それ以上のパワーで引っ張っていく感覚が出てきます。いやもう、ゲップが出るほど十分すぎるパワーです。ホント、これよりはるかにマッチョな150psオーバーのSSってどんな加速するんですか?

高速道路
 高速では、60キロ付近でのジェントルな好印象が若干薄れます。80キロで3000rpm前後ですが、ノイジーになってくるし、4気筒らしからぬ振動がでてきます。微振動というより、これまたリッターサイズならではの重い振動で、ちょっと不満。ネイキッドの上にアップハンドルですから、100キロ以上の速度はあまり求めていないのですが、それ以下の速度ならシルキーな回転を保ってほしいな~。風圧はしょうがないにしても、この振動はいただけない。なんとかなるのかな?
 パワーもシャシーも高速域でもエンジンは余裕綽々なんですが、先程の振動と風圧の厳しさは気になるので、まだ3桁速度はほとんど試していません。メーターバイザー装着でかなり楽になりましたが、それでも100キロオーバーは面倒ですね。
 マイチェン前に酷評されていたシートですが、現在はE-クッションというホンダ独自のシートが採用されて改善されたらしいです。でも、やっぱり底が浅いというか、平板な感じなんですよね。私が重いせいもあるかもしれませんが、1時間程度でお尻が痛くなって来ました。跨る感覚以上に「座る」感覚が強いので、余計にお尻が気になります。ポジションの問題もあって、将来はシートを交換したいですね。数センチ高くて、厚みのあるいいクッションのものがいいな。高いけどK&Hあたり…。
 高速走行での足回りは良好です。乗り心地もいいし、剛性にも不安はない。重いので横風にも強い。ついでに言えばETCもチョー便利なのですが、振動+風圧を考えるとあまり長距離は走りたくないかな、今んとこ。

燃費
 ほとんどが通勤ユース(片道10キロ)という、CBらしからぬ使い方なので、リッター15キロ程度。容量の少ないタンクなので、150キロ程度で給油しています。承知の上での購入ですが、やっぱり面倒ですね。ツーリング燃費ならどうなるかな?
 燃費とは直接関係しませんが、ひとつネガがあるといえば、給油です。ホネ6がタンク形状の影響でなかなか満タンにならず、給油にえらく時間がかかったんです。バックボーンフレームのホネ6に対し、ダブルクレードルのCBならそういうコトはないだろうと期待していたのですが、これが意外とダメでした。
 ホネ6と同じで、一度上まで入れてもじわ~っと下がってきて継ぎ足す、ということで、どこまで入れたら満タンなのか、分かりづらいですね。元々の容量が少ないCBとしてはできるだけ入れておきたいので、それで1リットル以上入るというなら、辛抱強く継ぎ足します。でも時間かかるし、セルフならまだしもフルサービスのスタンドでは申し訳なくて。燃費の計測も微妙になりますが、これは長く記録をとれば誤差は補正されるはず。

 たかだか一ヶ月程度のインプレですので、また印象が変わってくるかもしれません。できるだけ長く付き合って、良さをたくさん感じていきたいですね。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

おじゃまします。
私もCB1100に乗っていますが、60~70km域での
ジェントル感はすばらしいです。
80~100kmは振動が多くて不快ですが、120以上
だと(こらこら)マルチエンジンの本領が目覚
めます。
燃費は平均20kmぐらいです。210kmで燃料バーが
点滅します。タンク容量あと3Lは欲しいです。
>よしりんさん
コメントありがとうございます。
ほんとに、このジェントル感はたまらないですよね。
田舎道を流している時なんかは酔いしれてしまいます。
4000キロ段階でのインプレに書きましたが、ここのところ当たりがついてきたのか、90キロぐらいまではスムーズに感じられるようになりました。
120以上はどっちかというと風圧に根性が負けてしまいますwww
燃費平均20はすごいですね。羨ましいです。
通勤ユースが多いので、そっちは給油の時に16に乗せるのがやっとで、今までの平均では15.3です。ツーリングでは21.8まで伸びてますが…。
やっぱりストップ・アンド・ゴーに弱いですね。
またよろしくお願いします!
はじめまして。

私も11月よりCB1100に乗りかえて、まだ慣らし運転中ながら、同じく通勤がメインで(片道約18キロ)毎日楽しく乗っています。
本当に乗りやすいバイクですね。
洗車すればメッキがピカピカに光り、帰ってもずっと眺めていたいバイクです。

インプレを「なるほど、そうそう!」などと共感しながら楽しく読ませて頂きました。
私の場合はフルカウル車からの乗り換えだったので、風圧はかなり覚悟していましたが、90キロ以下であれば想像していたよりも「こんなモノ?」な感じでした。
高速走行時の細かい振動とタンク容量は確かに不憫ですね^^;

逆車からの乗り換えだったのですが、CBのパワー不足はそれほど感じず、逆に街中で弄ぶ前車のフルパワーが反対にストレスでした。

ゆっくり流して楽しい。
でも遅いバイクでは決してなく、リッターバイクのトルクフルな加速も十分楽しめる…
そんなCB1100にして本当に良かったと思っております。

そんなバイクの事などを私もブログにまとめているので、拙い文ですが良ければ覗いてやって下さい!
http://s.ameblo.jp/kumi-yacchang

また立ち寄りに来ますね。
長々失礼しました。

>やっちゃん さん
こんばんは、ご訪問ありがとうございます。

1400GTRからの乗り換えなんですね。たしかにパワー差はすごい…。
私も、ホーネット600からみると吹け上がりが鈍く、重い分加速の刺激は薄れましたが、CBのほうがとにかく楽で、乗るのが楽しくて仕方がないです。
今までは車で行ける時はクルマで、という感じでしたが、今はなるべくバイクですもん。

通勤で距離を稼いでしまいますが、末永く楽しみましょう。よろしくお願いします。
この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。