≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CBでゆく会津・只見ツアー 2013 その① 

 私の仕事の関係で、金沢への規制は奥さんと子供たちだけ。一人取り残された私も、ちょっとだけ休みを満喫させてもらいました。

 15日早朝、眠い目をこすりながら起床。CBに荷物を括りつけ、5時に出発しました。目指すは福島県は会津若松!

 お盆の時期だけあって、さすがに首都高も空いています。きっかり1時間で東北道に入り、ひたすら北上します。朝食は羽生PA。
2013 会津・只見 1

 他にもたくさんバイクがとまっていました。すごいのは、ZZR、VFRやらハーレーやら全部リッターサイズ! となりのZ1000がミニマムという…。
 2日間でたくさんのバイクを見ましたが、ホントにビッグバイクは多くなりましたね。今更ながら驚きます。

 さて、高速道路での移動が多くなるので、今回はこれを装着しました。
2013 会津・只見 2

 ラフ&ロードの「スロットルロッカー」です。掌を乗せるだけでアクセルを一定に保つことができます。前から持ってたんですが、アクセルのオン・オフが多い市街地では邪魔に感じることも多くて、あまり使ってませんでした。今回は結果的に2日で400キロ近くを高速で走りましたので、結構役立ちました。一般道では外してましたけどね。

 東北道から宇都宮で日光道路に入り、今市で降ります。今市ですぐに最初の給油。いきなりレギュラー166円というボッタクリ価格。やっぱインターの近くはダメですね。そこから鬼怒川道路を経て121号線を北上。鬼怒川温泉はパスです。

 121号は一部を会津西街道とも称します。会津西街道はもともと会津若松から今市を結ぶ街道で、下野街道とも称されましたが、明治時代に福島県令三島通庸によって会津三方道路の一環として整備され、121号はそのルートをほぼ継承しています。
 五十里湖畔を走り始めてからは交通量も減り、緩やかなカーブ・アップダウンの快走ルートになりました。日差しは強いのですが、さすが高原、湿度が低くて走っていれば爽快です。
 この辺りは面白くて、3ケタ国道が3つ重複しています。米沢~益子間の121号、柏崎~栃木県上三川間の352号、水戸~西会津間の400号です。こういう看板見ると楽しいですね。
2013 会津・只見 3

 福島県に入ってすぐの道の駅「たじま」で休憩して、山葡萄ソフトで冷却。んま~。バイクだと道中とても暑いので、道の駅利用率が高くなりますね。
2013 会津・只見 4
2013 会津・只見 5


▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。