≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


駆けまわるんじゃありません 

信号機ない「丸い交差点」導入へ検討開始
2013年9月5日15時45分 読売新聞

 国土交通省は4日、信号機のない円形の交差点「ラウンドアバウト」について有識者検討会を設置し、導入に向けて課題などの検証を始めた。

 ラウンドアバウトは交差点内を時計回りの一方通行にする仕組みで、環状部分を走る車両の通行を優先し、環状部分を抜ける際は左折する。進入する際、減速や一時停止をする必要があるため、事故抑止につながると期待されている。信号機が不要になるため、震災時の停電でも影響を受けないなどの利点もある。欧米では広く普及しており、国内では長野県飯田市などに設置例がある。

 一方、環状部分に進入できる車両の数には限界があるため、交通量の多い場所での設置は難しいという指摘もある。4日に開かれた検討会の初会合では、ラウンドアバウト導入による海外の事故減少率、国内で行われた社会実験の結果などが報告された。


-------------------------------------

 最初に見たとき「ランナバウト」かとwwww

 それはさておき、現実的にはどうなんでしょうかね~。郊外の住宅街なんかではいいと思いますよ。横浜だと港北ニュータウンとか。ただ、記事中にもあるように交通量が多いと捌き切れないと思います。
 交通量が多いところだと交差する道路は片側2車線以上になります。となると、交差点の環状部も2車線以上にならざるを得ません。環状に入ってから次の道路で曲がりたい車(通常なら左折)は左車線で、後ろについたその次で曲がりたい車(通常なら直進)は一度右車線? で、前の車が曲がると、すぐに左に車線変更して次で曲がる。
 う~ん、おばちゃんとかやれんのか?

 まごまごしてる間に渋滞しそうな気もしますがね。乗る側の慣れとか、技術とかがついてこないうちに失敗!とかってなってしまわないか?
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。