≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京オリンピック夜話 

 1964年の東京オリンピックは、戦後日本の夢と希望の象徴でした。

 ギリギリのタイミングで開通にこぎつけた東海道新幹線。「世界一」のスピードにこだわりました。
 復興のシンボルとなった東京タワーも世界一の高さでした。

 戦後わずか19年で焼け野原から立ち直った日本。その集大成が、ある青年に託されました。

 最後の聖火ランナーに選ばれたのは、坂井義則さん。有名人でもメダリストでもありません。早稲田大学の学生でした。


 1945年8月6日、広島県生まれでした。



 新たな東京オリンピック。何を誰に託すか。


 
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。