≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イプシロン成功! 

JAXA「延期2回、心配お掛けした」 イプシロン成功
9月14日(土)16時34分 朝日新聞デジタル

 新型ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功を受け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日午後4時過ぎから会見を開いた。JAXAの奥村直樹理事長は「2回の延期で心配をお掛けしたが、支援のおかげで成功できた。地元や国民のみなさんに感謝します」と語った。

 イプシロンの開発責任者、森田泰弘プロジェクトマネジャーは「ようやく心の底から笑える日が来た。つらい思いもして、生みの苦しみも味わったが、がんばって良かった。終わってみれば最高でした」と笑顔を見せた。

 惑星観測衛星「スプリントA」を手がけた沢井秀次郎プロジェクトマネジャーは、予定の軌道に投入された衛星について「非常に健全な状態。打ち上げの2時間後に上空に戻ってきたが、太陽電池パネルも開き、姿勢制御もきれいにできている。太陽の方向に向けて安全な状態で、非常にいい状況だ」と述べ、「これもロケットが、きれいに上がったおかげだ」と語った。

 イプシロンの打ち上げ成功を受け、安倍晋三首相は「我が国の宇宙技術の信頼性の高さを証明するもの。関係者の不断の努力に敬意を表する」とのコメントを出した。


-------------------------------------

 今更ながらですが、JAXAの固体燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ・衛生投入が成功しました。

 小型でコストダウンが果たせていることなど、商業的宇宙開発が話題になっていますが、私としては固体燃料ロケット技術の発展継承が果たせていることが、何よりも嬉しいですね。
 しかもそれが内之浦ってのがまたいい。東大宇宙研以来の伝統ですから。

 固体燃料ロケットは液体燃料式に比べて制御が難しく、ペイロードも低いのですが、燃料自体の扱いは比較的易しく、構造も単純にできるものです。
 この開発を進めたのが、かの糸川英夫博士です。1955年に小型のペンシルロケットの水平発射に始まり、この技術を磨いてきました。

 日本最初の人工衛星「おおすみ」はこの固体燃料ロケットで、内之浦から打ち上げられたのです。

 もっとも、固体燃料式は長距離弾道ミサイルなどと技術的に通じるとして、社会党(当時)が反対し、結果として「おおすみ」の打ち上げには誘導制御が使われませんでした。今も昔もこのへんの連中はろくでもないですな。イプシロン発射についてもシモ朝鮮は同じようなこと言ってイチャモンつけてます。同列ってことですな。
 それでも複雑な燃焼コントロールによる姿勢制御で衛星軌道に投入するという離れ業をやってのけました。しかも軍事技術としてではなく、東大による完全民生技術だというところに大きな価値があります。

 その後、東大系は内之浦で固体燃料ロケット、政府系(旧科学技術庁系)は種子島宇宙センターで液体燃料ロケットというふうに住み分けが行われました(現在は両者はJAXAに統合されています)。
 東大系による開発が行われた小惑星探査機「はやぶさ」も固体燃料ロケット「MーV」で内之浦から打ち上げられています。

 「MーV」は優れたロケットでしたが、個体式の割にコストが嵩み、廃止。その反省を活かして、開発されたのが「イプシロン」です。なので、経済効果やらななんやらより、とにかく糸川博士の魂がしっかり引き継がれていることが嬉しい。

 いつか内之浦行きたいな~。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。