≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


台風18号襲来を前に 

 台風18号は今年はじめて中部・関東を直撃する台風になりそうです。昨日の朝の豪雨も凄かったですが、午後以降は雨風ともになく、まさに「嵐の前の静けさ」でした。

 先ほど外に出てみたら、少し風が出てきていて雨も降り始めました。いよいよ、という感じです。

 ところで、皆さん、台風の備えって何をしますか?

 初期の植田まさしの作品を思い出すと(「かりあげくん」「のんきくん」ほか)、ぼろアパートにすむ主人公が木材で窓を打ち付けたり、町が水没して屋根の上に上がったりしてました。
 だいたい戸建てだと雨戸なんてのがあって、それを閉め切ったりしたんですよね。

 今はサッシの性能が向上して、雨漏りの心配は殆どなくなりました。そのせいか雨戸は新しい家には見られなくなり(我が家もありません)、木材を打ち付けるなんて光景も見られません。
 防音もよくなってますから、風雨の音がどこか遠くのことに感じられたりもします。

 台風の時の停電も減りましたね。
 昭和54年、本州を台風20号が直撃しました。海上で870hpという世界最低となる気圧を記録したとんでもないやつで、100人以上の死者が出ました。
 当時葛飾区に住んでいた我が家は停電。ロウソクを灯して台風が過ぎるのを待ちました。

 雨風が落ち着いてからもなかなか復旧せず、あれ?と思って外に出たら他の家は電気がついていて、停電は我が家だけ。なんてことはない、我が家だけ電柱からの引込線が切れていたのでした。

 こんな思い出も今は昔、落雷による停電こそ経験しましたが、台風ではまだ。

 そんなんだから、「対策」もあまりありません。バイクのカバーを紐で縛って、自転車用の屋根を倒して、植木鉢を移動。それだけです。
 こんなとこにも時代を感じますね。

 もっとも、土砂崩れや突風で大きな被害が出ているので、安心ばかりでもありませんが。

 台風というと、夜のうちにどっか言ってしまうことが多いように思いますが、今回は休日の昼間に直撃なので、じっくり台風の一日ってやつを観察したいと思います。

 あ! コロッケ買い忘れた!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。