≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年の職員旅行&大磯ハイク 

 毎年秋には職場で慰労のための職員旅行があります。例年、ちょっと離れた温泉、ということで箱根や熱海あたりが多いのですが、さすがに飽きてきたというのもあり、今年は意外性を狙って江ノ島ということになりました。
 だって、江ノ島って泊まる発想ないでしょ? でも温泉もあるし、意外な面白さがあるかもと期待して参加しました。

 定時で職場を出て、一旦帰宅。着替えてから荷物をパッキングしてCBくんに積み込み出発。青葉区から江ノ島に行くなら横浜新道を使って藤沢を経由するのが多いかもしれませんが、面白くなさそうなのでパス。鎌倉経由をを採用しました。保土ヶ谷バイパスでは渋滞にハマりましたが、横横はスムーズです。
 朝比奈インターで降りて短いワインディングを楽しんでから鎌倉を通過、あとは由比ヶ浜から海沿いに行くだけです。すっかり日は暮れてましたけど、夜の海もいいものです。

 宿は「岩本楼」。もともと江ノ島の別当だったところで、江ノ島でもっとも由緒のある旅館です。
2013 11-23-1

 お風呂は2つあって、洞窟風呂とローマ風呂。どちらも古いので、洗練されてない凄みがあります。
 特にローマ風呂は1930年にできたそうで、手の込んだ装飾は老朽化しても荘厳な美しさは失っていません。おすすめ。

 2時まで二次会に参加してて眠気MAXでしたが、翌朝は6時起床。早朝の江ノ島散歩と参ります。
2013 11-23-2
2013 11-23-3
 空は晴れ渡り、空気は清新、人気も少なく、こんな江ノ島初めてです。悪くないですよ~、ウフフフフ~(王騎将軍っぽく)。

 ホントはもう少しくらい時間から動きたかったんですが、それでも夜明けっぽさは味わえました。
2013 11-23-5
2013 11-23-6

 昼になれば沢山の人で賑わうであろう参道は静謐を保っていて、石段を登るのも清々しい感じ。10分ほど歩けば、島の南側に出ます。
2013 11-23-7
 朝焼けの残る磯には、すでに多くの釣り人。さすがに朝が早いですね。

 海の向こうには…。
2013 11-23-8
 赤富士、というにはちょっと遅かったかもしれないけど、朝焼けに染まる富士の姿。圧巻です。手前に海があるってのもいいんだよな~。

 釣り人もフレームインさせてみました。
2013 11-23-9
 絵になりますな~~~

 しばらく富士を眺めていましたが、朝風呂+朝食の時間を考えて戻ります。
 そのころには日も昇って、鮮やかな青空と白い富士。
2013 11-23-10
 言うことなし!

 この職員旅行では、朝食とったら自由解散というのが通例です。みなさん、思い思いに出発していきます。
 私は、箱根とかに行った時は芦ノ湖スカイラインあたりを楽しんでから帰るんですが、今回はちょっと趣向を変えてみました。


▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。