≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特定秘密保護法 成立 

特定秘密保護法が成立=漏えい懲役10年―「知る権利」侵害の危惧
12月6日(金)23時23分 時事通信

 機密情報を漏えいした者への罰則を強化する特定秘密保護法が6日夜に再開された参院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。野党側がさらなる審議を求める中、与党は採決に踏み切った。これにより、防衛、外交、スパイ活動防止、テロ防止の4分野で、閣僚ら行政機関の長が「特定秘密」を指定し、漏えいした公務員、民間人は最高10年の懲役を科される。恣意(しい)的に秘密指定されかねず、チェック機能も不十分など「知る権利」侵害への危惧は残ったまま、公布から1年以内に施行される。
 採決では、賛成が130票、反対が82票。民主、共産、社民、生活の各党が反対した。衆院で修正合意したみんなの党と日本維新の会は、「拙速は認められない」として退席したが、みんなの一部議員は党の方針に反して本会議に出席し、反対した。
 菅義偉官房長官は6日深夜、東京都内で記者団に、「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しい中、国の安全、国民の安全・安心を確保できる大切な法律が成立した」と述べ、意義を強調した。
 秘密保護の体制強化は、4日発足した国家安全保障会議(日本版NSC)の実効性を高めるため、米国など外国政府との情報共有を進める狙い。政府は、有識者でつくる「情報保全諮問会議」の意見を踏まえ、秘密指定する際の統一基準を策定する。指定の有効期間は5年以内で、更新可能。武器や暗号など7項目を除き最長60年。「知る権利」に関しては、報道・取材の自由に十分配慮することを明記した。


-------------------------------------

 というわけで、サヨクのみなさんが絶望に打ちひしがれる特定秘密保護法が成立しました。
 前にアップしたとおり(こちら)、最後まで狂ったサヨクどもの非常識ばかりが目立ちました。
 参議院の委員会での採決あたりから、アカヒ新聞や毎日変態新聞は「強行」の文字を1面トップに踊らせ、与党の強引さをアピールし続けましたが、肝心の野党は足並みが揃わないばかりか、法案の内容について討論するより、時間稼ぎで廃案に追い込もうとする始末で、所詮は党利党略なのだと印象付けるだけ。
 本当に批判するなら、法案の内容についてじっくり討論すべきなのですが、なんとなく危険だ、ということを大声で連呼して何も知らない人に不安を抱かせようとするだけで、何が危ないのか具体性がゼロなので、話が噛み合いません。

 参院の某バカはテロまがいの発言を繰り返すし、中核派やら何やら、ここぞとばかりに妨害行動するし、国会内で靴投げる大馬鹿はいるし、知る権利だなんだって言ってる奴らが一番非民主的行動を繰り返してるんだから笑えます。
 そんなのも今じゃ白い目で見られるだけだと思いますが、前述の2大クソ新聞に加え、ここに引用した時事通信も、

>恣意(しい)的に秘密指定されかねず、チェック機能も不十分など「知る権利」侵害への危惧は残ったまま、公布から1年以内に施行される。

 などと、「恣意的に」印象操作を行っていて、それ以上に危険な情報漏洩の問題について触れないのはどういうことなんでしょうね。



▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。