≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【訃報】やしきたかじんさん、死去 

やしきたかじんさん死去 64歳 2年前に食道がん公表
1月7日(火)23時7分 デイリースポーツ

 歌手でタレントのやしきたかじん=本名・家鋪隆仁=さんが今月3日に亡くなっていたことが7日、分かった。64歳だった。すでに近親者のみで密葬を済ませたという。たかじんさんは2012年1月に食道がんを公表し、芸能活動を休止。昨年3月にはテレビ番組に復帰したものの、1カ月半後に体調不良を訴え、再休養していた。

 歯に衣着せぬ毒舌トークで、“関西の視聴率男”の異名を取ったたかじんさんが、病との闘いの末、帰らぬ人となった。

 たかじんさんは2012年1月に初期の食道がんの治療のため、芸能活動を休止。同年4月に切除手術を受けた。昨年3月下旬に1年2か月ぶりにテレビ番組に復帰。復帰後のテレビでは、療養中も合併症で再手術を受けたり、腸閉そくで入院していたことや、手術後には75キロあった体重が50キロ台まで落ちてしまったことを告白していた。

 しかし、復帰からわずか1カ月半後の同年5月初めには再びダウン。「疲労による食欲不振や睡眠不足などによる体力低下」(所属事務所発表)を理由に無期限の休養に入った。休養中の昨秋には30代の女性と再々婚したばかりだった。

 【やしきたかじん】本名・家鋪隆仁。1949年10月5日生まれ。大阪市出身。龍谷大中退後、シンガー・ソングライターとして、76年、シングル「ゆめいらんかね」(作曲)でデビュー。「やっぱ好きやねん」「なめとんか」「あんた」「東京」などのヒット曲を送り出した。

 一度進出に失敗した東京とは距離を置き、関西を中心にカリスマ的人気を誇るタレント、司会者として存在感を発揮。「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)などで、政治・経済・社会を大胆に斬り、常に高視聴率をキープすることから「関西の視聴率男」の異名を取った。

 愛煙家としても知られ、03年に肺に穴があく肺気胸を患ったと公表。その後、喉にできたポリープの治療を受けたこともあった。


-------------------------------------

 え~~~~~~っっっっっ!!!!???? 

 急すぎるでしょ~~~!!!

 残念すぎます。
 歌手としてはもちろん、マスゴミが憚って言えないような正論をしっかり言える人でした。

 私が初めて知ったのは、まだ小学生。ご本人には黒歴史にようですが、1981年の「砂の十字架/スターチルドレン」です。そう、ガンダムの映画の主題歌です。
 それまでアニメの主題歌といえば、脳天気なものが多くて、ガンダムもTVアニメの主題歌(「たちあが~れ~」ってやつ)もそういうものでした。
 しかし「砂の十字架」はガンダムのガの字も出てこないし、大人っぽいし、スケールで開始、すごく新鮮でしたし、ガンダムが今までのアニメとはちょっと違うぞ、と感じさせられたものです。

 名作「やっぱ好きやねん」はその後86年のリリースですから、早くから知ってたんですね。

 大阪での番組はなかなか見られませんでしたが、「たかじんのそこまで言って委員会」は本当に凄かった。ユーチューブでしか見られないんですが、いい意味で破壊的な問題提起が出来る番組だったと思います。

 闘病生活、とてもつらかったと思いますが、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。