≪ 2007 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2007 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横浜FCの2014シーズン 

 ようやくオフィシャルにも選手の顔写真がアップされました。加入間もないフェリペと、ブラジルから帰ったばかりの小野瀬は新しい写真がありませんが、メンバーも固まったことだし、ここいらで今シーズンの横浜FCを考えてみましょうか。年齢は2月8日現在です。

GK 渋谷(19)・南(34)・高丘(17)
 背番号1は渋谷がつけました。新体制発表はここでどよめきましたが、経験を考えるとファーストチョイスは南か? 練習試合でも南が先発している模様。ここに昨季ラスト3試合に出場した渋谷が挑戦です。将来的には渋谷に守護神として活躍して欲しいのですが、焦らず育ててほしいものです。
 早生まれでまだ17歳、ユース出身の高丘は、ベンチ入りが目標ですかね。1歳違いの渋谷とどう競争していくか。楽しみです。ついでながら高丘はご近所出身なので、頑張ってほしい。

CB 野上(22)・フェリペ(19)・ドウグラス(28)
 スンジンという大黒柱が抜けたCBは、やや層も薄く、もっとも心配なポジション。野上は昨季41試合出場(うちCBでは21試合)とルーキーながらレギュラーを掴みました。ただ終盤は軽率なプレーも見られ、まだまだ一本立ちとは言えません。まぁ、ボランチ出身ですから、難しい面もありますが。
 そうなると、今年の軸となりそうなのはドウグラスかな? 2012年の甲府(J2)で29試合出場。経験があるのはいいですね。彼がフルに働ければ安心です。フェリペは長身だし面白そうですが、未知数。楽しみにしましょう。この他、安英学をCBでプレーさせるのもあり。これも安心感高そう。渡辺もCBでのプレーがありました。
とは言え、野上よ、化けてくれ! というのが最大の願いですな。

SB 西嶋(31)・市村(29)・中島(29)・永田(23)
 毎年不安なSB。左は西嶋・中島・永田の3人。実績で言えば昨季後半のレギュラー(19試合出場)中島ですが、やや不安定なプレーも散見され、けっして不動ではありません。西嶋は怪我が気になるところ。ここに若い永田が食い込んでくると面白いですね。
 右は本職が市村だけ。彼も怪我明けだけに不安です。昨季終盤に復帰しましたが、精彩を欠きました。MF登録ながら小池が練習試合で起用されていて、元気の良いプレーを見せてくれればいいアクセントになるかも。永田・小池の若い2人がガンガン攻めれば、結構刺激的なんですが。

DMF 野村(22)・佐藤(25)・安(35)・松下年(30)・渡辺(31)・松下裕(32)・石井(18)
 あえて寺田はいれず。ルーキーながら5番を付けた野村ですが、未知数。同じく石井も未知数。
 言うまでもなく中軸は松下年宏でしょう。なんだかんだで攻撃の軸となれる選手だった高地が移籍してしまったので、彼から始まる攻撃、というのが今季の最重要ポイントです。ドイスボランチの場合パートナーは安か佐藤か。山口監督はボランチ出身らしく色々こだわりがあるようで、予想しづらいですね。昨季は松下裕樹をアンカーに据えるシステムでうまく行かなかったですが、監督自身は1ボランチに愛着がありそうで、今シーズンもどこかで使っていくでしょう。このメンツなら安がアンカーに入るかな。いぶし銀の渡辺もアンカータイプ。昨季評価を下げてポジションを失った松下裕樹はどこまで信頼回復できるか。
 さて、難しいのが佐藤謙介。期待してるのよ、ホント。化けてくれよ、そろそろ。今年は期待を込めてユニフォームは佐藤で注文済み! 無駄にしたくないのだよ!

OMF 内田(30)・寺田(28)・野崎(28)・小池(26)・飯尾(31)・小野瀬(21)・ナソンス(20)
 左では4ゴールを挙げた内田、6ゴールの野崎、MF登録された飯尾あたりが競争かな。徐々に調子を上げてきた内田に期待しています。右はサイドバックまで務めた武岡が移籍。同タイプっぽい小池が起用されるか、小池をSBにして寺田・小野瀬あたりを入れるか。1トップならトップ下に寺田というパターンはありますね。寺田はボランチの可能性もありますが、昨季後半は殆ど右。ただ球離れが悪く、その結果としてボールロストも増えていたので、今年は奮起を期待したいところです。
 注目はブラジルで修行してきた小野瀬がそろそろ覚醒してくれるか。キャンプでの千葉との練習試合では小野瀬のゴールで勝利しています。昨季は期待はずれだったので、今年こそ。
 ナソンスはまだ先発がなく、途中出場10試合。秘密兵器の域を出ません。仕掛けるプレーは面白いですから、まずはゴール!

FW 黒津(31)・カズ(46)・ホナウド(22)・青木(23)・パク(31)
 昨季の大人数編成に比べ、今季は5人の登録です。しかも2年連続でトップスコアラーだったジャンボが抜けて、昨季横浜FCでプレーしたのは黒津・カズ・青木だけ。合計8ゴール…。実績だけで見れば計算できるのは黒津だけという、ギャンブルなメンツです。
 とにかくキーマンはホナウド。彼がエースとして活躍してくれるかどうかで、今年の横浜FCは決まります。15点くらいとってくれれば、プレーオフもいける。黒津はある程度計算できますが、正直大幅な上乗せも期待できません。ベテランのパク・ソンホは保険ですな。ホナウドがあかんかった場合、彼が起用されるという流れでしょう。カズは、当然ながら稼働率が下がりますから、あまり計算できません。ただ、このクラブの場合、ある程度彼を起用しなくてはならないという縛りもありますがね。
 青木は昨季早くに先発で起用されましたが、結果を出せず前半で期限付き移籍。経験を積んで、どう成長したか。正念場のシーズンです。

 まぁ、シーズンが始まってみたら色々あるでしょうが、辛く楽しいシーズンを一緒に過ごして行きたいと思います。

とりあえず開幕戦、三ツ沢へ!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。