≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014 J2第4節 横浜FCvs山形 

 ここまで3試合で1勝2分と悪くない滑り出しです。といっても1勝は相性のいい富山ですし、得点も多くありません。要するに、横浜FCの実力の程は見えていません。

 今節の相手は山形。昇格を争うライバルであり、昨年は勝てなかった相手です。監督が代わって試行錯誤ではあるでしょうが、こちらも今シーズン負けなしと実力を図るには申し分ない相手です。

 天気は快晴、3連休の中日ということで、最高の観戦日和。事情あって奥さんが帰省しているので、子供たちを連れて三ツ沢へ繰り出しました。
2014 03-22-3

 連休ですから、道路の混雑を予想して、早めに到着。さっそく、イベントの輪投げに参加しました。
2014 03-22-1
2014 03-22-2
 意外に上手な弟くんは、100点と40点に入れ、私とお姉ちゃんは狙い過ぎで0点。情けなや。
 ところが、この輪投げ、意外な結果を。その後のくじ引きでなんと3人とも当りを引き、3人揃って選手入場時の花道を作る役に!(ホントはお姉ちゃんはハーフタイムのバナーを持って歩く役だったのですが、交代してもらいました)

 選手と写真を撮れるフォトスタジオでは、内田と石井が登場。
2014 03-22-5
 家族連れだとこういうイベントが楽しいですね。お姉ちゃんはイベント参加が好きになってきたし、弟くんはすっかりフリ丸好きだし、私の洗脳に染まり始めてます。しめしめ。

 さて、この日のスタメンはこちら。
2014 03-22-4
 う~ん、画像が荒くてわからないか。いい方法だと思ったんだけどな。

FW パク
OMF 小野瀬・野崎・寺田
DMF 松下年・安
DF 中島・野上・ドウグラス・市村
GK 南


 ピッチの花道で、3人で選手を見送りました。頑張れ!

 開始早々から激しいゲームになりました。中盤でのプレスが激しい横浜と、前線に人数をかけて押し込もうとする山形。ファウルの応酬で、しかも審判がそれをコントロール出来ない始末で、荒れ模様。
 しかし、横浜FCはその中で素晴らしい立ち上がりを見せます。安を中心に巧みなプレスでボールを奪い、松下のサイドチェンジなどで素早く前線に展開。サイドでは小野瀬・寺田が攻守に奮闘し、山形の中盤を寸断します。
 前線から最終ラインまで非常にコンパクトで、セカンドボールもよく拾えていました。

 山形は4-4-2ながら、両サイドハーフが高くポジションをとっているので、まるで4-2-4のよう。だから前線にボールが入ると迫力満点なのですが、中盤を横浜が支配しているので、チャンスが作れません。
2014 03-22-8


 ところが、激しい展開から悪い方向にゲームが動いてしまいました。パスを出した松下に山形の當間が完全にアフターのタックル。この悪質なプレーで松下は交代となります。
2014 03-22-6

 代わって投入されたのが、黒津。パクとトップになり、寺田がボランチに下がりました。小野瀬と野崎が両サイドです。意外な交代でしたが、これが奏功しました。

 ドウグラスの長いパスを黒津がつないで、パスを受けた小野瀬がPAに侵入。たまらず舩津が倒したところでホイッスル。PK獲得です。このボールをひっつかんですぽっとにセット。GKをよく見て、落ち着いて決めて先制!
2014 03-22-6-2
2014 03-22-7


 あとで山口監督も言っていましたが、これだけ強引な小野瀬を初めて見ました。オフにブラジル留学を経てきて、開幕から先発出場を続けています。少しずつですが、変わり始めてるかもしれませんね。



▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。