≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実現できたら… 

<宇宙発電>無線送電技術進み 30年代後半、実用化目標
2014年4月3日 13時23分 毎日新聞

 宇宙空間に巨大な太陽光パネルを広げ、天候に左右されず24時間地上へ電気を送る「宇宙太陽光発電」。SFチックな夢物語かと思いきや、新しいエネルギー基本計画の政府原案で重点課題に挙げられ、核になる無線送電技術の合同実演会が初めて開かれるなど、にわかに活気づいている。目標とされる2030年代後半の実現はなるか。【山田大輔】

 「オオッ……」。縦横1メートルほどの送電アンテナから約10メートルを隔てた日本地図の電飾が明滅し、四角いロボットが走り出すと、どよめきが起こった。京都大宇治キャンパスの実験棟で3月に開かれた実演会。アンテナは首を振らなくても狙った方向に電気を飛ばせる。三菱電機がレーダー開発で培った「フェーズドアレイ」の技術だ。「宇宙から東北へ、九州へと電気が足りない地域に自在に送れるようになる。基本的な技術はある。あとは機会だけ」。同社通信機製作所の本間幸洋さん(42)は自信を見せる。

 宇宙太陽光発電は米国で1960年代末に提案された。太陽光パネルで作った電気をマイクロ波と呼ばれる電波に変換して送信し、地上のアンテナで受けて再び電気に変える。米国は巨額の開発費を理由に80〜90年代に中断。この間、細々と基礎研究を続けてきた日本がリードする分野だ。

 昨年4月、国内企業30社と、大学などの研究者30人らが研究組織を設立。初の実演会では、身の回りに飛び交う携帯電話やテレビの電波を取り込んで動くセンサーの実演や、地上から送った電気で飛び続ける無人ヘリの実験報告など9件が発表された。各社は「商品開発の前提を変える革新技術」と奮い立つ。クリスマスツリーや家電のコードレス化、電気自動車への無線充電、電池交換不要で陳列ケースを開けずに済む博物館用湿度計といったアイデアも語られ、知恵比べの様相だ。

 さらに、福島第1原発で稼働しているような災害用ロボットに使えば電池を搭載しない分軽く、より長く活動できる。震災や大雪の孤立地区に飛行船から電気を送る研究も進む。「こうした汎用(はんよう)性の高い技術を磨き、30年代後半の宇宙発電につなげたい」と経済産業省宇宙産業室の担当者。14年度予算で2億5000万円を新規に計上し、5カ年計画で変換ロス低減や小型化に取り組む。

 三菱重工業は送電距離500メートル、電力10キロワットというこれまでにない世界初のレベルの無線送電に着手。一方で、火力発電所並みの43万キロワットの宇宙発電所を約6000億円で建設する構想も打ち出した。
ロケット36機で宇宙へ資材を運び、3年がかりで直径1.25キロの発送電パネルなどと地上に1キロ四方の受信アンテナを設ける。静止軌道に乗せるなら約3万6000キロを無線送電せねばならず、パネルも段ボール並みに薄くし、ロケットも今の半額にしなければならないが、「不可能でない技術進歩の速さで考えた。実現は射程圏内に入った」と主席技師の安間健一さん(48)。

 同じ周波数のマイクロ波は無線LANなどにも使われており、電波干渉の問題があるほか、マイクロ波といえば電子レンジが思い浮かぶだけに人体や環境への影響について心配の声も起きそうだ。京都大の篠原真毅教授(マイクロ波応用工学)は「電波は広がる性質があり、地上に届いた電波は直径数キロのアンテナで集めなければならないほど弱まっている」としつつ、「安全面を含め人々が納得できるデータを積み重ね、温室効果ガスが出ない電源を実現したい」と話す。


-------------------------------------

 現在迷走中とも言える代替エネルギー問題。
 石油枯渇・CO削減の救世主とされた原発がほぼ否定されても、その原発に頼らざるをえないのが現状ですから、どうにかして代替エネルギーを開発していかなくてはいけません。

 ところが、太陽光発電にしても風力にしても気候の影響を受け過ぎますし、地熱は地理的な影響を受けすぎる。燃料電池はまだコストが高いし、COが発生するのが現実。

 さらにいえば、太陽光発電と風力・地熱は我々が必要とするエネルギー需要を満たすには圧倒的にパワーが足りません。
 燃料電池は太陽光発電による水素の生産ということが効率よく出来ない限り、化石燃料から水素を抽出するしかありません。

 したがって、これらの代替エネルギーはたかだか数十年化石燃料の枯渇を遅らせる程度しか期待できません。

 となれば、ほとんど化石燃料を使用せずに莫大なエネルギーを生み出す方法を開発しなければ、100年後はどうにもならないかもしれません。

 とすれば、次々世代のエネルギー開発も、今から始めていかねばならないのです。

 一つは核融合かな。まだ常温核融合が可能なのかすらわかりませんが、実現させたいところ。ミノフスキー博士が登場してくれればいいけどね。
 そしてもう一つがこのマイクロウェーブ送電。宇宙にソーラーパネルを浮かべて無線で地上に送電するというもの。なかなか壮大でwktkですね。

 技術的な実現と商業的な実現の間にすごい差がありそうですが、いつかサテライトキャノンができるのかな?
 もうひとつ気になるのは、太陽光パネルをどこに浮かべるのか、です。衛星軌道上では地球の影に入る時間が多すぎますから、莫大なコストをかけてロケットで飛ばす意味が無い。
 となれば、やっぱりラグランジュポイントでしょうね。そしてそこからスペースコロニーの建設が…!?
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。