≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014 J2第9節 横浜FCvs湘南 

 いやあ、面白かったよ、フェリペ
2014 04-26-1


 やつを見てるだけで飽きなかったな~。

 正直、これで観戦記は完成してしまうような気もします。
 まぁ、だらだら書いてみましょうか。
 
 今日は午前中仕事で、溝の口をバイクで出発したのが13:40。第三京浜でなんとかキックオフ直後にスタンドには入れました。

 8連勝と、開幕早々高い完成度のサッカーを見せる湘南相手に、守備の要ドウグラスを出場停止で欠く横浜。松下年宏もケガから戻らず、攻守ともにキーマンがいません。

 まぁ、現在の横浜が真っ向勝負を挑んでも蹴散らされるだけなので、どういう対策をするか、と思いながらスタメンを見ると、

FW 黒津
MF 飯尾・寺田・内田・小池・安
DF 中島・野上・渡辺・永田
GK 南


 早い段階でgdgdになったので、ごちゃごちゃしてきましたが、黒津1トップ(飯尾はトップ下に近い?)にヨンハの1ボランチで4-1-4-1な感じ。
 湘南は3-4-3です。

 開始早々は3バック攻略の常道、サイドの高い位置にロングボールを入れる作戦。飯尾や小池がサイドで勝負をかけます。
 6分、左からのクロスは黒津にあいませんでしたが、湘南DFもクリアできず、右から走りこんだ小池へどフリーで渡ります。これを確実に決めて先制ゴール。いやぁ、この瞬間は信じられない思いでしたね。まだ、LEOCのボロネーゼを半分も食べてなかったです。

 でも、すぐに現実が…。

 湘南の素早い出足に攻撃は次第に沈黙。守備はというと、クサビと落としを効果的に使って後方からぐりぐり侵入してくる湘南にキリキリ舞い。
 わずか10分後には岡田にDFが振り切られて失点。

 まだ同点!

 という時間はわずか5分。エリア内でのハンドをとられてPK。南も一度は弾きますが、キッカーの岡田が押し込んで逆転。
 
 前半のうちに追いつこう! と思ってもチャンスはほとんどなく、ずっと湘南サイドで時間が過ぎていきます。

 43分、セットプレーからよくわからない流れでクリアが半端になり、失点。

 あっちゅーまに3失点!

 完全に力負けです。


 後半、この状況ではさすがに変化を入れてきました。中島と飯尾を下げて、フェリペとホナウドを投入。
 野上・渡辺・フェリペの3バックにします。中盤は右に小池、左に永田、センターは安と寺田。
 前線はホナウドをトップに、黒津と内田がシャドーに入る3-4-3。湘南と同じ?

 2014 04-26-2

 フェリペでかっ!!

 期待の?秘密兵器、C契約でブラジルから連れてきた巨人フェリペの初登場です。
 デカイんだけど、背だけじゃなくてガタイもデカイ。ちょっと絞らないとアカンやろ。
 新加入の記事(こちら)で、

>194センチはデカイですが、それ以上に98キロ! 重い!
>野球ならありですが、サッカーでそれは大丈夫か? スピードが心配になってしまうわ。しっかり絞ってください。


 と書きましたが、多分絞れてない。
 非常に鈍重です。ただ、体積がデカイので、存在感があって、前向いてプレーするぶんには結構いけてた。一度体を寄せてしまえば、まず勝てますね。
 キック力はすごい。よく飛んでます。左利きだし、面白いボール出せました。セットプレーのキッカーやったのは笑えましたが。

 とはいえ、ポジショニングやビルドアップなど、非常に荒削り。いや、削ってすらないのか?
 自分で追っかけて行って、相手のスローインになった時なんぞは、その前で両手を上げて大きく振って妨害。子供かwww
 さすがにイエローもらってました。この試合唯一のイエローwww

 CBなのに自由奔放…自由すぎやろ!

 まぁ、冒頭で書いたように、面白かったですけどね。セットプレーにも上がっていましたが、頭には当てるんだけど、シュートにならない感じwww

 ちょっとイロモノ臭いですかね。今後の成長に期待。…していいのか?


 さて、3バックにした後半ですが、湘南が明らかにテンションを落としていたので、多少はチャンスが出来るようにはなりました。内田がフリーランニングでボールを引き出す動きをしますが、周囲の動きも少ないから押しこむまでには至らず。攻撃では唯一と言っていいほど効果的な動きをしていたその内田も、最近切れがない野崎に代えられて、さらにチャンス減少。ホナウドも予想通り前線で何のインパクトもありません。
 前半は高い位置で勝負を仕掛けていた小池も、3バックで逆に位置取りが下がって目立たなくなります。

 で、例によってパワープレーをしかけることもなく、スペースに走らせるプレーもなくなり、3バックが待つ中央に精度のないショートパスを使って侵入を試みてはあえなく撃沈を繰り返す芸のなさ。
 カウンター気味にボールを奪っても、味方が上がるのをじっくり待つから、相手もしっかり下がる、「セルフディレイ」www

 あいも変わらず単調でまったく効果のない攻撃?を残り時間が少なくなっても繰り返し、結局このゲームでシュートは6本wwww

 というわけで、完敗でした。おつかれ!

▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。