≪ 2007 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2007 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014 J2第12節 横浜FCvs京都 

 毎年恒例のGW連戦を1勝1敗とした横浜FC。まぁでも大事なのは強豪京都とのこの一戦。
 娘の小学校で割引券が配られたので、今日はそれで家族観戦。バックスタンドでも大人は1500円で、小学生はただですからお得です。今日、やたらにバックスタンドが混んでいたのはそのせいです。

 スタメンは、
FW ホナウド
MF 飯尾・野崎・寺田・小野瀬・松下裕
DF 永田・野上・ドウグラス・市村
GK 渋谷


 これまでベンチ入りすらなかった松下が初出場。また、GKも渋谷が登場しました。
 リザーブにはフェリペなど。間近でみたフェリペでか!(しつこい)
2014 05-06 1

 さ、どんな戦いを見せてくれるか?
2014 05-06 2

 松下の登場で予想できたことですが、フォーメーションは4-1-4-1。松下がアンカーに入って、寺田と野崎が2列目に並びます。
 昨シーズンはこれで序盤に躓いたんですが…。

 それでもゲームの入り方は上々。高い位置で奪って仕掛ける動きができていました。特に左サイドバックの永田が再三オーバーラップを仕掛け、スピーディな攻撃を演出。なかなか。

 ところがあっという間にゲームプラン崩壊。CKからの混戦で渋谷がキャッチしたかに見えたのですが、ファンブルでもしたのか、大黒に決められてしまいます。大黒の抜け目なさは健在で、本当に嫌な選手だな、おい。
 さらに、前半の終了間際、再び渋谷がやらかします。レフェリーからマークされていたのかもしれませんが、キャッチしたボールを長く持ちすぎたということでファウルを取られ、エリア内での間接FKを献上。
 ここで京都は5、6人が1列に並んで次々とボールの上を駆け抜け、最後に石櫃が蹴りこむという珍?FKを決めます。すでにネットで話題になってしまって、いい笑いもんだな、おい(あえてリンクはしません)。

 こんなんで2失点ではどうにもならん。
 とはいえ、徐々にペースを京都に握られていたのも事実。例によって4-1-4-1の弱点をちゃ~んと使われた感じです。
 松下のプレー自体は悪くありませんでした。球際も強いし、奪ってからの展開でも持ち味の精度の高いロングキックを見せていました。
 ただ、4-1-4-1は構造的に最終ラインと前線の間が広くなって、コンパクトな陣形からのプレスができないんですよね。京都には工藤や中山といった優れた中盤がいるのに、スペースを与えてしまうのですからお話にならない。
 ボール奪取がギリギリのクリアになるから、前線にいい形で送れないし、前線でもホナウドの1トップですからキープが期待できないしで、攻撃の形ができないのです。ま、毎度のことですが。

 ビルドアップでも寺田が狙われて(そりゃ狙うわな)、これまた予想通りのボールロストを連発。山口監督が狙うポゼッションサッカーは全く機能しません。シンプルなサイド攻撃は効果的でしたが、京都の長身GKオ・スンフンに封じられてしまいます。

 後半、京都がペースダウン。2点のアドバンテージがありますから、当然です。
 横浜も寺田をボランチに下げ、ドイスボランチにして守備が安定してきました。
 これでようやく攻撃が活性化してきました。これはここのところ三ツ沢ではみられなかった、畳み掛けるような攻撃です。

2014 05-06 3
 小野瀬が突破! しかし野崎のヘディングはわずかにバーを越えました。

2014 05-06 4
 CKもそこそこ得ました。しかしなかなか合わず、シュートまでいけません。

2014 05-06 5
 最後に投入された野村もアグレッシブに攻撃に絡みますが、得点ならず。

2014 05-06 6
 最後はドウグラスをトップにあげてパワープレー。これも実らず。
 こうして子供たちをたくさん集めたGWのホームゲームは0-2という無残な結果になったのでした。

 後半はこのように何度かスタンドを沸かせるシーンがあったのですが、なにせラストパスの精度が低い。いや、パスだけでなくて、バイタルに入ってからのプレーの選択肢が少なすぎです。それがシュート3本という数字に表れています。

 横浜FCで現在稼働しているFWは3人。そのうちソンホはいまだノーゴールで、ホナウドはPKの1ゴールだけ。流れの中で得点しているのは黒津のみです(2ゴール)。
 この状態では手のうちようがない、と見るべきかもしれませんが、それ以上にFWがシュートを打てる状態を作れていないことも問題です。
 また、3人しかいなければ出来は不満でもソンホやホナウドを使わざるを得ないわけで、チーム作りの問題が浮き彫りになってきました。
 夏の移籍期間に、FW獲得が急務となってきたと思います。

 あと、渋谷よ、若いというだけでは許されないぜ。精進してくれ。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。