≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あいかわらずレベルが低そう 

16年大河の主人公は真田幸村「真田丸」脚本は三谷幸喜氏
2014年05月12日11時12分  スポニチアネックス

 NHKは12日、2016年の大河ドラマは戦国時代の英雄的武将・真田幸村を主人公とした「真田丸」を制作すると発表した。脚本は人気劇作家の三谷幸喜氏(52)が手掛ける。

 大河ドラマ第55作。2016年1月に放送スタート、全50回。

 「大坂の陣」――劣勢明らかに追い込まれた大坂城。そこに駆け付け、抜群のリーダーシップを発揮。胸のすくような活躍をした真田幸村。戦国時代のスーパースターの波乱万丈の生涯を、三谷氏が勇気と愛に満ちたオリジナルストーリーとして描く。

 タイトルの「真田丸」は幸村が大坂の陣で築いた砦の名前。徳川家康軍を相手に果敢に戦った。また、戦国の荒波に立ち向かう真田家を一艘(そう)の船に例えた。

 三谷氏の大河ドラマ脚本は2004年にSMAPの香取慎吾(37)が主演した「新選組!」以来2度目。

 主演俳優も選定中。候補とされているのは三谷作品と縁が深い俳優陣。三谷氏がメガホンを執った昨年の映画「清須会議」に主演した役所広司(58)や、同作に出演した佐藤浩市(53)らベテラン勢の名前が挙がっている。

 最近は20代の若手俳優の主演が続いているが、NHK関係者は「往年の大河ファンからは、演技力をしっかり身に付けた俳優による骨太な作品を望む声も強い」と話している。役所や佐藤のほか“三谷組”の俳優、女優は人気者ばかり。豪華俳優陣による戦国絵巻が展開されそうだ。


-------------------------------------

 歴史的には脇役にすぎない真田幸村を扱うのが、なんで大河ドラマなのかよくわかりませんが、そもそも「真田幸村」なんて人物は存在しない、という問題はどうするんですかね?

 戦国時代の人名には誤りが多いのですが、そのまま小説やドラマになってしまうために修正されないのですよね。真田家でいえば昌幸のは真田幸隆といわれますが、実際には幸綱でしょう(晩年に幸隆と名乗った可能性はあり)。武田家臣つながりなら、高坂昌信ではなく春日虎綱。秋山信友ではなく、秋山虎繁。
 で、真田幸村ではなく、真田信繁です。「幸村」は、本人が名乗ったこともない、完全なフィクションですよ。それをNHKが堂々と使っちゃうから、どうにもならない。

 で、初戦はドラマだから、とか言ってごまかすんですが、それが事実と思い込まれるんだから、そういう責任も感じて欲しいもんだ。

 それを三谷幸喜ですから、事実よりも面白さ優先になってしまうのは目に見えてます。人々の願望としての「真田幸村」に合わせて人物像を形成するだけでしょうしね。それは「歴史」ではないのですが。

 大阪の陣で活躍したのは確かですが、それまでの事蹟はほとんど明らかになっていませんから、お話作り放題。その大阪の陣にしたって、同僚の毛利勝永の事蹟を吸収して評価されているフシがあります。

 毛利勝永、知らないでしょ?
 戦死した信繁や後藤基次以上ですよ、この人。でも無名だから、どうせ大河でも端役扱いだろうね。

 さらに、関連の本が言いたい放題で多数出版されまして。もうやりたい放題だな。


▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。