≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こういう声はもう届かないのか 

本田圭佑主体の日本代表は限界である。
5月28日(水)15時10分 webスポルティーバ

 W杯に出場する日本代表の壮行試合は、演劇でいうところのゲネプロにあたる。国内で見せる最後のリハーサル。最終チェックの場だ。半分期待を寄せつつも、半分厳しい目で見つめる、いわばダメ出しの場だ。スタンドに駆けつけるべきは、良いプレイには拍手、悪いプレイにはブーイングができる、愛情溢れる目の肥えたファンだ。単純なクロスに大歓声をあげたり、大久保の登場に黄色い声援を送るファンではない。

 W杯の壮行試合はこれが5回目になるが、観衆の批評精神は98年、2002年より低かった。場内のムードは過去最低といいたくなるほど緊張感、緊迫感に欠けていた。W杯で上位進出をもくろむ集団を応援するに相応しい観客とは言えなかった。昨日ファンになった人も、何十年も応援している人も、チケットを横一線になって「ヨーイどん」で購入するネット販売の仕組みに問題ありと言いたくなる。

 とても素人っぽい観衆に囲まれて、国内最後の試合に臨むことになったザックジャパン。試合内容も推して知るべし、だった。どんなに攻めあぐんでも、多くの観客は常にニコニコ。これでは選手は背中を押されない。

 観衆の質をチャンピオンズリーグ決勝と比較するのはナンセンスだとはいえ、両者には大人と子どもほどの差があった。スタンドを支配するムードがこのままでは、今後、どんなに優秀な監督を招いてもザックジャパンの二の舞になるような気がする。


-------------------------------------

 すごく納得できる記事でした。
 仮想ギリシャに選んだキプロスはFIFAランキング130位というレベル。壮行試合ということで、負けない相手を選んだとしか思えないマッチメークでした。
 その相手に快勝すればいいのですが、辛勝というのは厳しすぎても、手を拱いていたという印象。お話にならない。

 杉山茂樹氏は非常に信頼できるライターだと思っています。

>スタンドに駆けつけるべきは、良いプレイには拍手、悪いプレイにはブーイングができる、愛情溢れる目の肥えたファンだ。単純なクロスに大歓声をあげたり、大久保の登場に黄色い声援を送るファンではない。

 まさにここですよ。日本代表の試合も今や完全にTV局の金儲けコンテンツと化し、盛り上げること優先できちんと批判することが避けられているのではないでしょうか。
 JFAには巨大なスポンサー料や放映権料が入るため、国内での無駄な親善試合が多く、アウェーの経験を積めない。興行的に負けることが許されないし、人気選手を出さないと視聴率が得られないから、どうでも良い相手でも本田・香川・長友・内田あたりは出し続ける。

 マスコミからすれば、盛り上げなきゃいかんので、ちょっとサッカー好きだっていうタレント集めてバカで無意味なトークを重ねる。そこに批判精神なんてない。
 それに煽られて、普段はJリーグすら見ない連中がスタンドに押しかけてるわけです。とりあえずユニ着てさ。あのダサいユニをよく買う気になるもんだ。私はドーハ・フランス予選・日本・ドイツと代表ユニを買いましたが、どんどんかっこ悪くなるので買うのやめました。横浜のを買わないといけないし。

>場内のムードは過去最低といいたくなるほど緊張感、緊迫感に欠けていた。W杯で上位進出をもくろむ集団を応援するに相応しい観客とは言えなかった。

 フランス予選の緊張感とは言わないけど、それでもフランス前に日産スタジアムでやった代表戦は、岡田さんが採用した3バックが機能するのか? という厳しいチェックの雰囲気はありましたよ。
 最終予選では常に加茂さんの采配に疑問符がついていましたしね。

>昨日ファンになった人も、何十年も応援している人も、チケットを横一線になって「ヨーイどん」で購入するネット販売の仕組みに問題ありと言いたくなる。

 まぁ、オールドファンの妬みと言われちゃやだからあまりいいませんが、これは本当にそう思います。
 97年のフランス予選はあまり注目されていませんでした。ドーハの記憶も薄れ、東京で一次予選をやってることを知ってる人が少なかった。ネットもさほど普及してなかったから、マスコミが大々的に扱わなければ浸透しないわけです。
 なので、国立での一次予選はカンタンにチケットが取れて、開始1時間前にスタンドに入れば余裕を持って前の方に座れたもんです。日本の試合の前にもう一つの試合やってて、ライバルのオマーンの相手を応援したりして楽しんでました。

 最終予選のチケットは、国立での4試合共通自由席券が発売されました。4試合で1万円と格安。チケットぴあ販売だったので、青葉台駅のぴあに徹夜で並んで購入。
 いざ最終予選が始まってみると、ワールドカップ出場が見えてきたということで、マスコミが急に大きく扱いだしました。そこからチケットがプラチナカード化していきます。
 でも、大体のチケットはコアなファンが押さえていましたから、ミーハーファンはほとんど入れなかったと思います。
 この最終予選は、変な演出もないし、ただシンプルにサッカーをみるだけ。結構苦しんだのもあって、ホントにしんどく、でもスタジアムの雰囲気は最高で、本当に楽しかったですよ。未だにあれを超える雰囲気のスタジアムは経験していません。ジョホールバルに行けなかったのが残念でしたけどね。

 でもここからもうダメ。ライトファンが押し寄せて代表戦のチケットが全く取れなくなりました。フランスでのチケット遅配騒動はご存知のとおり。
 日本でのワールドカップも、取れる気配すらない。これまで、わずかながらでも長く代表を支えてきたサポにも、なんの恩恵もなく、スポンサー企業にじゃんじゃんチケットが流される。これじゃ、テンション下がりますよ。

 だから、わたしは最近代表あまりみない。批判精神のない報道と、金儲けしか考えないかのようなJFA、それに乗せられて勘違いする選手。もうどうでもいいや、位に思っています。「優勝目指す」とかコメント取って垂れ流してんじゃねーよ。
 ワールドカップは楽しみですよ。他の国はね。でも日本は期待できない。

 ちょっと憂鬱ですらありますな。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。