≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なに寝言言ってんの??? 

社説[河野談話検証結果]日韓関係壊すつもりか
2014年6月21日 沖縄タイムス

 政府は20日、「従軍慰安婦」問題に関する河野談話の検証結果を国会に報告した。結果のいかんにかかわらず、河野談話を見直す考えはない、と菅義偉官房長官は重ねて強調する。
 不可解な検証作業である。一体、何を目的に河野談話の検証作業を始めたのか。検証結果を公表することでどのような効果を期待し、これから何をするつもりなのか。

 日韓の間で大きな政治問題に発展していた従軍慰安婦問題について河野洋平官房長官は1993年、官房長官談話の形で政府の見解を明らかにした。これが河野談話と呼ばれているものである。
 従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与と強制性を認める内容で、「多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」ことをおわびし、謝罪した。

 河野談話をめぐっては、第1次安倍内閣以来、政権の中からも信ぴょう性を問う声が後を絶たなかった。
 報告書は、談話作成にあたって日韓両国の担当者が綿密に調整を重ねていたこと、談話の土台となった元慰安婦証言の裏づけ調査を実施しなかったことなどを明らかにしている。軍の「関与」という表現や、「強制性」という文言に韓国側がこだわり、ぎりぎりまで調整が図られた、と報告書は指摘する。

 日韓の水面下のやりとりについては、当時、複数の新聞に取り上げられている。決して目新しい話ではない。
 外交関係文書の作成にあたって、事前に相手国と内容をすりあわせるのも特に問題はない。

    ■    ■

 戦時における女性の人権という視点から、従軍慰安婦問題の歴史的事実を詳しく調査し、真相を明らかにしていくことは重要である。
 だが、有識者5人で構成する検証チーム(座長・但木敬一元検事総長、女性3人)が調査の対象にしたのは、河野談話作成過程における日本と韓国のやりとりが中心。聞き取りの対象も関係省庁の担当者などに限られた。

 河野談話は、従軍慰安婦問題に対する政府の姿勢を公式に示したもので、国際社会に向けたメッセージの意味を持つ。その河野談話に疑問を持ち、政府として検証作業を実施するということは、それ自体、外交問題化することが避けられない。
 この問題に対する安倍政権の姿勢には一貫性が感じられない。安倍晋三首相や閣僚、自民党幹部から本音が飛び出したかと思うと、米国から批判を浴びて引っ込める、というその繰り返しだ。

    ■    ■

 第1次安倍内閣は2007年、議員の質問主意書に対して「軍や官憲による、いわゆる強制連行を直接示すような記述も見あたらなかった」との答弁書を閣議決定した。
 だが、資料がないからといって強制連行がなかった、と断定することはできない。

 河野談話作成にあたって、韓国からさまざまな注文がついていたことを示すことで、安倍政権は何を狙っているのだろうか。
 「談話は見直さないが、実質的に無効化する」との疑いが消えない。


-------------------------------------

 すでに壊れてますけど、何か?

 ついでに、壊したのは向こうですけど、何か??

 まず、いわゆる「従軍」慰安婦というのが朝日新聞の捏造であるということが、もう分かってしまっている。
 簡単にいえば、

 軍が直接慰安婦を動員したという事実がないということ。
 慰安所はあったわけだが、そこに集まる女性は軍・日本政府によって強制的に連れて来られたわけではないということ。
 「強制的に」集められたケースは、慰安婦を斡旋する業者による強制であり、そこに軍の関与が認められないこと。
 軍が「関与」している資料がみつかっているが、それは性病の検査、悪徳業者の排除などであったこと。


 である。この「関与」を朝日新聞が大々的に取り上げて、さも軍が慰安婦を「強制的に」連行したかのような印象操作をしたのである。
 そこが論破されると、「広義の強制性」ということを持ち出してきた。軍が直接関与していなくても、業者が強制的に連れてきたのであれば、軍がやったのと同じ、というわけのわからない論理である。

 さらに、
 吉田清治なる詐話師が、「私の戦争犯罪」という著作で軍令による慰安婦狩りを告白したが、すでに調査によって創作であることがわかり、本人もそれを認めていること。
 いわゆる「慰安婦」だった女性の証言に嘘が多いこと。

 ことなどがあり、さらに軍令による強制連行という事実を表す史料がまったくないということからも、捏造と断言できる。

>その河野談話に疑問を持ち、政府として検証作業を実施するということは、それ自体、外交問題化することが避けられない

 つまり、捏造であっても検証してはならんということか? そもそも、捏造された「問題」に謝罪をしたことが最大の「外交問題」なんだが。

>資料がないからといって強制連行がなかった、と断定することはできない

 でた! 悪魔の証明! 証拠がない以上、事実と認定しないというのが学問の基本。
 UFOが存在する証拠はないが、存在しないという証拠もないから、UFOがないと断定することは出来ないのか?www
 こんな理屈を新聞が使うとか、ありえんwwww
 まぁ、沖縄タイムスは新聞というより支那・朝鮮の広報誌だからしょうがないけどな。

 しかし、最大の問題はここ!

>戦時における女性の人権という視点から

 ここに連中の次なる逃げ道がある! 事実として軍が強制連行を行ったかということから、そもそも慰安所があって売春行為をさせていたことがイカンのだ、という道徳的な方に持って行こうとしてるでしょ。
 当時は売春ということが「法的に」認められており、軍の慰安所においても進んでそこで金銭を稼ぐという行為があった時代であり、それを現代の道徳律で批判するのは的外れもいいところなのだ。

 現代においてさえ、シモ朝鮮からは多くの女性が日本にきて風俗業に従事している。それは「人権」的に見てどうなのだ? 現在在韓日本領事館では26歳以上のシモ朝鮮女性に対しワーキングホリデービザの発行を停止しているという。これは制度を悪用して、日本で売春する女性の強制送還が相次いでいるから。こういう連中が道徳的にどうこう言うのはどうかと思うし、同レベルの慰安婦に人権なんて、国内で処理しろよってレベル。
 でも、あいつら図々しいからさ、そうやって話をすり替えてくるんだぜ。

 早くこの問題の真実を世界に知らしめてやるべきなんだが。

 
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。