≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アギレ監督決定 

<サッカー日本代表>新監督にアギレ氏…元メキシコ代表監督
7月24日(木)18時7分 毎日新聞

 日本サッカー協会は24日、日本代表の新監督に、元メキシコ代表監督のハビエル・アギレ氏(55)が決まったと発表した。メキシコ人の代表監督は初めてで、外国人の監督は7人目。原博実・同協会専務理事は記者会見で、アギレ氏を選んだ理由について「代表監督の経験があり、日本人や日本の文化の良さを生かしてくれる人をあたってきた」と説明した。

 アギレ氏は2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会と10年W杯南アフリカ大会で、母国メキシコを率い、いずれもベスト16に導いた。13~14年シーズンにはスペイン1部リーグのエスパニョールを指揮した。

 日本はW杯ブラジル大会の1次リーグで1分け2敗のC組最下位に終わり、決勝トーナメント進出を逃した。敗退後、イタリア人のアルベルト・ザッケローニ監督(61)が退任を表明。後任監督選びを一任された原専務理事が、水面下で交渉を進めていた。

 アギレ氏の来日は8月中旬になる見通し。初采配は9月5日に札幌ドームで行われる国際親善試合のウルグアイ戦になる予定。同9日には日産スタジアムでベネズエラと対戦することも決まった。【福田智沙】
.

-------------------------------------

 というわけで、噂通りアギレ監督が決定しました。ワールドカップの総括もしないまま、今後の方向性も曖昧のまま。

>日本人や日本の文化の良さを生かしてくれる人

 なんだ、この抽象的でサッカーと何の関係もない選考基準www
 ようするに、協会やスポンサーの要求に合わせてくれる人ってことだろ?

 そう考えるとこの選考基準で選ばれた人って、その時点でダメなんじゃね? ザッケローニなんて最たるものだよ。
 いろいろあったけど、信念貫き通したトルシエみたいなパワーがないと、協会・マスゴミ・スポンサーの都合に踊らされるだけで、継続的な強化なんて出来ないぜ?

 ま、アギレさんがそのあたり協会の思惑を超えて指導力を発揮してくれたらいいんだけどさ。

 次のワールドカップまでに考えておかなければならないのは、世代交代。
 南アフリカ → ブラジル → ロシア とメンバーの年齢を見てみると…。

 まず、南アフリカ大会とブラジル大会を両方出場した選手。
長友 23 → 27 → 31
内田 22 → 26 → 30
遠藤 30 → 34 → 38
岡崎 24 → 28 → 32
今野 27 → 31 → 35
大久保 28 → 32 → 36
長谷部 26 → 30 → 34
本田 23 → 27 → 31
川島 27 → 31 → 35

 このように、軒並み30オーバー。さすがに、遠藤・今野・大久保・長谷部はないな(川島の場合はGKだけに可能性はある)。となると、2大会にわたって中盤の底を支えた遠藤・長谷部がいなくなるわけで、抜本的な改革はまずここからということになります。
 なお、この連続出場メンバーは、遠藤と今野を除いて3試合すべてに出場しています。遠藤・今野は2試合出場でした。

 ブラジル → ロシアを見てみると、
酒井(高) 23 → 27
森重 27 → 31
清武 24 → 28
香川 25 → 29
柿谷 24 → 28
西川 27 → 31
青山 28 → 32
山口 23 → 27
大迫 24 → 28
伊野波 28 → 32
齋藤 24 → 28
酒井(宏) 24 → 28
吉田 25 → 29
権田 25 → 29

 何とか行けそうな選手も多いですね。ただ、伸び代という面でも、森重・青山・伊野波はないかな。しかも、このメンバーで主力といえるのは香川・柿谷・山口程度。グループリーグ3試合すべてに出場したのは山口と吉田だけ。西川・伊野波・齋藤・W酒井は出場がありませんでした。
 
 こうやって見ると、ザッケローニは結局は南アフリカ大会の遺産で4年間を過ごしたことになりますね。山口にしても、先発に抜擢されるようになったのは直前のテストマッチで、結局は怪我明けの長谷部を3試合とも先発させています。
 内田は南アフリカ大会での出場はゼロですから、内田・吉田だけが辛うじてザッケローニが育てたといえるでしょうか。
 とはいえ、吉田の軽いディフェンスは世界レベルではまったく通用しなかったわけですが。

 うだうだと書いてきましたが、新しい選手の発掘が必要なポジションはかなり多い。特に前述のとおりボランチは最重要課題と言えます。もちろん、これは監督だけでなく、日本サッカー全体の問題でもあるのですが。

 マスゴミがいつまでも本田だ香川だって言ってたらどうにもなりませんけどね。同じことが繰り返されそうな不安が強いですが、まずはお手並み拝見。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。