≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一番腐ってるのはマスゴミ 

朝日国会招致「あり得る」 自民・石破氏 報道の自由侵害の恐れ
2014年8月6日 東京新聞

 自民党の石破茂幹事長は五日、朝日新聞が過去の従軍慰安婦報道を一部訂正したことについて「地域の平和と安定、隣国との友好、国民の感情に大きな影響を与えてきたことだから、議会の場での検証も必要かもしれない」と指摘。同社関係者の国会招致に関し「地域の新しい関係を構築していくために有効であるとすれば、そういうこともあり得る」と述べた。

 報道内容をめぐり、記者らを証人や参考人として国会に招致するのは、極めて異例。政府や与党に都合の悪い報道をするマスコミをけん制する手段として悪用されれば、「報道の自由」が侵害される恐れがあるためだ。党本部で記者団の質問に答えた。

 石破氏は「なぜ十分な裏付けが取れない記事を、ずっと正しいものとしてきたのか」と同社を批判。記事の検証は「報道に基づいて日本に怒りや悲しみを持っている国、特に韓国に対する責任だ」と主張したものの、関係者の国会招致は「私が(招致を)するべきだと言っているのではなく、わが党の現場の担当者がどのように判断するかにかかっている」と、慎重に対応する考えを示した。


-------------------------------------

 ことの発端は、アカヒこと朝日新聞が出した訂正記事です。

 ま、簡単にいえば詐話師吉田清治の発言に基づく慰安婦の記事は誤りであると認めたんです。今更感溢れてますね。そんなの20年以上前からわかっとったでしょ。
 この一連の「慰安婦」騒動に火を付けたのは、この吉田清治とそれを持ち上げた記者(当時。今年退社)植村隆、それを後押しした吉見義明あたりです。

 ただ、基本的に反省はしていません。

 アカヒから引用します。

-------------------------------------

■読者のみなさまへ
 日本の植民地だった朝鮮や台湾では、軍の意向を受けた業者が
「良い仕事がある」などとだまして多くの女性を集めることができ、
軍などが組織的に人さらいのように連行した資料は見つかっていません。

一方、インドネシアなど日本軍の占領下にあった地域では、
軍が現地の女性を無理やり連行したことを示す資料が確認されています。
共通するのは、女性たちが本人の意に反して慰安婦にされる強制性があったことです。


-------------------------------------

 まず、この部分でいわゆる慰安婦問題が終了しているということにお気づきでしょうか。

>軍などが組織的に人さらいのように連行した資料は見つかっていません

 ということは、日本軍の施策に問題はなかったということです。
 日本軍は組織的に女性たちを強制的に集めて慰安婦にするということはなかった!

>軍が現地の女性を無理やり連行したことを示す資料が確認

 それをやっちゃダメだよって言ってるのにやったバカがいたから厳罰に処したって話ですけどね。

 以上!


 ・・・ただね、ここからがアカヒの猛烈に汚いとこ。乞う、記憶せよ!

>女性たちが本人の意に反して慰安婦にされる強制性があったことです。

 それ、業者の責任だから!

 それを「広義の強制性」なとかいいやがって、日本全体の責任にする。
 こういう論理のすり替えをアカヒを始めとするサヨクどもは得意とします。これを許してはならんのです。
 
 そしてこの誤りの結果、ことが大きくなって、日本の国益を損ねたわけです。
 
 さて、冒頭の東京新聞ですが、こうやってサヨクマスゴミどもは互いを助け合うんですね。最低です。

>政府や与党に都合の悪い報道をするマスコミをけん制する手段として悪用されれば、「報道の自由」が侵害される恐れがあるためだ。

 だって、ガセ情報を裏も取らずに垂れ流して、ウソと指摘されてもスルーして、現在の政治問題の原因を作ったんだろ? 「都合の悪い報道」とは次元が違う。

 
スポンサーサイト


この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
> 白馬事件とか知らんのだね

あれはオランダ相手ですね。
軍命令としての強制ではないです。
いわゆる従軍慰安婦問題というのは、日本軍による組織的な強制連行が問題となったのが発端。それが否定されたので、広義の強制なんて言い出したわけです。

残念ながら軍規に悖る行動があったことは否定できませんが、問題の本質を見失ってはいけません。
この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。