≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014 J2第29節 横浜FC vs 福岡 

 上り調子の横浜ですが、前節は引き分けに持ち込みこそしたものの、勢いを止められた感がありました。
 さらにドウグラスが警告をもらい、累積で2試合出場停止となりました。この危機的状況で迎えたのは、これまた好調の福岡。
 ま、これから昇格戦線に加わるなら、毎試合正念場ですがね。

 8月最終日ということで、この日は縁日が催されていました。
 ちょうど我々が行ったとき、選手が広島の土砂災害に対する募金活動をしていました。 
2014 08-31 1
 子供たちがしっかり募金しました。

 その後、内田・ドウグラス・ホナウドも参加。今年はドウグラス贔屓の娘はもう一度募金して握手してもらいました。間近で見たドウグラス、デカイけど顔小さいのな。
2014 08-31 2

 西嶋は浴衣着てわたあめまで作ってました。なかなかすごいことになってましたけど。
2014 08-31 3


 先発は、
FW ソンホ・野村
MF 小池・ヨンハ・寺田・松下24
DF 中島・松下36・野上・市村
GK 南

 最近ソンホと組んでいい働きをしていた野崎が欠場。サブにも入っていないところを見ると、ケガですかね。
 また、ドウグラスの穴は松下36がセンターバックという荒業。フェリペは冒険だから、ヨンハかな?と思っていたのですが。試合途中で3バックにした時など、松下がCBに入ることはあっても、あくまで変則的なもの。上背のない彼がどの程度できるのかが、この試合のキーポイントになりそうです。
 また、カズがサブに入ります。出場はあるのか?
2014 08-31 4

 三ツ沢名物、夕暮れの美しい空を見ながら、キックオフです。
2014 08-31 5

 開始早々、いきなろ不安が的中しました。
 横浜の右サイドを駆け上がってきた阿部(以前在籍していた阿部ちゃんです)が、高速クロスを入れると、これに松下は触われません。ファーで待つ城後の足元にピタリ。いきなり、GKと1対1の状況に!
 ゲームプラン崩壊! と思った瞬間、城後のシュートを南が素晴らしい飛び出しでスーパーセーブ! これは痺れました!

 このあと、しばらくはクロスに悪戦苦闘しますが、このセーブで流れは横浜のもの。9分、その前のプレーで福岡の古賀が負傷してピッチから出ていた時にCKを獲得。マークが徹底されない中で、ヨンハがフリーでヘディングシュート。一度は防がれましたが、こぼれ球に詰めていた松下36が確実に決め、いきなり先制点を得ます。
2014 08-31 6

 これで勢いを得た横浜は試合を制圧、特にボランチのヨンハが獅子奮迅、中盤でピンチの芽を摘んでいきます。
 松下36も次第に慣れてきて、さらに福岡の攻撃もサイドが使えなくなってきます。となると、前へ出る守備なら松下のお手の物、野上との連携も良くなり、強固な砦を築いていきます。

 東京V戦で腰が引けていたのがウソのようなアグレッシブなゲーム展開で、心強い限り。野崎の代わりにトップに入った野村も、運動量豊富に駆けまわり、攻撃のアクセントになっています。中々の出来でした。

 この日はバースデーチケットを買っていました。娘はこの8月で8歳。ヴィジョンに名前が出るので、ハーフタイムになる前にトイレに行ってきました。で、戻ってきたらまだ前半が終わっておらず、ロスタイムでした。
 ほとんどノータイムという時にCKを獲得。娘が、どうなったら終わるの? と聞いてきたので、ボールが外に出たり、攻撃が終わったりして、プレーが切れた時だよ、と教えていました。
 すると、娘は「あと、ゴールした時だね」と。その瞬間です。再び飛び込んだヨンハのヘディングが決まったのは! 
 言った本人が喜びながらもびっくりしてました。私もビックリです。これぞ言霊!
2014 08-31 7

 ハーフタイム、名前が出てビックリの娘。ちなみにプレゼントはサイン入りノート。つい、私の好みで佐藤謙介を選んでしまった。
 フリ丸のプレゼントはもらえませんでした。
2014 08-31 8

 ハーフタイム、福岡は古賀と坂田を下げます。早い交代に、思い切った策で後半ゲームを動かしに来るかと思ったのですが、あとでケガだと分かりました。
 その分対症療法的な交代になったのでしょう、4バックに変更してきても、福岡の推進力は戻りません。自信を得た横浜の守備に、アタッキングサードに侵入することすらままならず、僅かなチャンスも南がファインセーブで防ぎます。

 横浜はこのあと黒津、佐藤、永田と投入。ただ、野村が下がったことでソンホのフォローが薄くなり、攻撃が弱まりました。黒津が流れに入っていけなかったのが心配です。

2014 08-31 9
 このあと、横浜は再三チャンスは作りますが、決定力があまりになく、追加点を奪えませんでした。得点はリーグ15位。最多ゴールがDFの野上という現状がこの辺りに顔をのぞかせます。
 特にソンホは前線からのディフェンスやポストプレーがとても効いているのですが、ゴール前で怖さがないのは相変わらず。エリア内の狭いスペースの中で強いシュートが打てないんだよね。FWが点取れないと、この先厳しい気が・・・。
 チームが上向きになってきた中で、ホナウドをもう一度使ってみて欲しいところです。

2014 08-31 10
 最終的にそのまま2-0で終了。ライバル福岡に勝てたことは大きいので、よしとしましょう。 
 結果、順位は10まで浮上。プレーオフ圏内の6位との勝ち点差が5と縮まっています。

 ビクトリーステージは、松下36とヨンハ。
2014 08-31 11
2014 08-31 12
 次節は松下の古巣群馬との対戦です。またチビ達連れて行きまっせ!

 なお、磐田戦の前に、観戦試合では1少子化していないとボヤいていました(1勝4敗3分け、3得点8失点)が、その後ずいぶん良くなった!
観戦① 3/2愛媛戦 0-0△
観戦② 3/23山形戦 2-1○
観戦③ 4/6熊本戦 0-1●
観戦④ 4/14岐阜戦 0-1●
観戦⑤ 4/26湘南戦 1-3●
観戦⑥ 5/6京都戦 0-2●
観戦⑦ 5/25千葉戦 0-0△
観戦⑧ 6/28東京V戦 0-0△
観戦⑨ 7/26磐田戦 4-0○
観戦⑩ 8/3富山戦 2-0○
観戦⑪ 8/25東京V戦 1-1△
観戦⑫ 8/31福岡戦 2-0○


 これで6戦負けなし、4勝4敗4分と、4のゾロ目となりました。持ち直してきて嬉しいです。ゴールも、ここ4戦で9つと、悪くない!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。