≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014 J2第30節 横浜FCvs群馬 

 12戦負けなしで、なんとか10位まで浮上した横浜ですが、でもまだ10位。満足できるわけがありません。
 とはいえ、4位ぐらいからは大混戦ですから、十分にプレーオフを狙える位置です。

 今日迎えるのは群馬。こういってはなんですが、下位に沈むチームに負けるわけには行かないのです。確実に勝ち点を積み上げていくしかない。

 先発は、
FW ソンホ・野村
MF 内田・ヨンハ・寺田・松下24
DF 中島・松下36・野上・小池
GK 南

 ここに来て故障者が増えています。前節から欠場している野崎に続き、市村が前節負傷で交代。今日はメンバーに入りませんでした。
 その右SBに小池が入り、空いた左MFには内田。内田は22節以来の出場です。
 ドウグラスは今節まで出場停止。前節の記者会見で群馬の秋葉監督を牽制していた山口監督ですが、今日も松下36をCBで起用。古巣との対決で、ブーイング食らってました。

 なお、ドウグラスはフェリペとともにファンサービス。
2014 09-06 1
 前節でも感じましたが、ピッチ上では短気で荒っぽいドウグラスも、ファンサービスでは気さくでサービス精神旺盛です。子どもたちにもよく愛想振りまいてくれました。そういえば、キグルミが苦手なお姉ちゃんは初めてフリ丸と写真撮りました。
 ところで、右のライオン、なに?

 2014 09-06 2
 同じくベンチ外のホナウドは、スタンド観戦でした。

 2014 09-06 3
 今日はついて早々ヒュンメルショップに突撃し、そのあと写真撮ったりで時間を食われ、メインのホーム側には座れなくなってしまいました。なのでメインのアウェー側、高い位置に陣取りました。

2014 09-06 4
 すっかり自信を取り戻した横浜FC、ゲームの入りはバタバタしていましたが、すぐにペースを取り戻し、たくみなボールキープで群馬をいなしていきます。守備面はヨンハが相変わらず絶好調。寺田とともに的確で強く鋭い守備を見せ、最終ラインまで仕事を回しません。
 その分、守備の負担が減った小池が積極的に攻撃参加を見せます。左サイドでは内田が元気なプレー。両サイドをワイドに使えていました。

2014 09-06 5
 内田は、SBの中島から縦パスを受けるとき、常に前を向いてもらうようにしていて、積極的に仕掛けていました。これが結構効いていたと思います。怪我人が出た時に、またこうやって出てきた選手が元気なのはいいですね。内田ももうベテランですから、そのあたりの入り方も素晴らしいです。

 ただ、群馬も横浜の圧力にさらされながらも守備は非常に体を張っていて、ソンホのポストプレーを始め、なかなかポイントを作らせてもらえません。群馬は攻撃でも鋭さを見せ、シンプルに横浜陣内に侵入してきました。この試合、群馬のCKは7つ。横浜は2つですから、群馬も悪くなかった。危ないシュートは南がファインセーブ。南の好調も、横浜躍進の原動力です。

 それでも、ベテラン揃いの横浜は試合運びが絶妙。群馬がいかに上手くボールを運んでも、FWにはまったく仕事をさせてないし、攻撃もここぞいうところでは非常に迫力を見せます。
 松下24のFK。子供が生まれたばかりで張り切ってます。GKに抑えられましたが、いいキックでした。
2014 09-06 6

2014 09-06 7
 横浜の攻撃が結実したのは前半も終りに近い39分。松下36が鋭い出足でインターセプトを決めると、すぐに左のスペースへ展開。上がってきた中島がクロスを入れると、ソンホが頭で落とし、松下24の足元へ。松下のシュートは惜しくも止められますが、こぼれ球に詰めた野村が押し込んで先制!

 さっそく松下のために、ゆりかごです。
2014 09-06 8

 後半、雨が降ってきました。ただ、強い雨ではなく、試合には影響なさそうです。
 私は雨中観戦はしょっちゅうですが、子どもたちは初めて。なんだか楽しそうに雨ガッパを着ています。
2014 09-06 9

 後半、横浜の勢いはややトーンダウン。先発選手のうち、7人が30オーバーという恒例チームですから、疲れが出た?
 チャンスはあったんですが、追加点は最後まで取れず。
 気になるのはソンホです。彼は前から献身的にディフェンスしてくれるし、ポストプレーも周囲との連携が良くてすごく効いている。これまで野崎や野村が得点を重ねているのを考えても、彼の功績は大きい。ただ、決定的にマズイ点は、シュートが弱い。エリア内でボールを受けても、しっかりシュートを打てていないんです。よって、ゴール前ので迫力がなさすぎます。機能しているから代えづらいし、でも点は取ってくれない(3得点)。今日で13試合負けなしですが、その間、11試合先発で2ゴール。う~ん…。
 これから厳しい試合が続く中で、FWの得点力がないのは苦しいのです。とはいえ、2番手といえる黒津はというと、同じく13試合で1ゴール。ここ8試合は先発がなく、出場も5試合。
 なお、カズはケガから復帰したとはいえ1試合出場(2分)。ホナウドも1試合(7分)。そう、13試合負けなしと言いながら、FW登録の4人に関して言えば、稼働しているのは2人で3ゴールだけ。チームでは20得点していますが…。

 それでも守備は粘り強い。チャンスは作られるんです。でも、なぜか点を取られる気がしない。特に松下36はCBにも慣れてきたのか、前に強さを発揮し、アンカーのようなプレーで奮闘。その陰で野上が確実にハイボールを跳ね返します。
 エリア内で危険なシーンも誰かがしっかり体を寄せてるし、コースも切ってる。そんなシーンがないに越したことはないんだけど、プロ同士だからゼロにはならない。うまく切り抜けたというべきかな。
  
 心配なのは、後半30分に負傷交代したヨンハ。中盤では無双の強さを発揮していただけに、ケガの程度が気になります。膝をガッチリテーピングしていましたが…。

 代わりにボランチに入った佐藤は、ここ数試合僅かな時間ではありますが出場が増えてきました。その分、試合勘も戻りつつあるようで、カバーリングもよく、キックも正確になってきていました。期待してんだから、頑張れ。
 野村に代わったのは、こちらも出場機会が減っていた小野瀬。彼はダメなときはわかりやすい。仕掛けの動きがなくなるので、すぐにわかります。今日はドリブルもノリが悪く、ダメな日でした。
 それでも、組織的で巧みな守備が効いてほぼ危なげなく試合をクローズできました。
2014 09-06 10

 ゴール裏ビクトリーステージでは、野村・小池・松下24が登場。あらためてみんなでゆりかごダンス!
2014 09-06 11

 この勝利で順位がひとつ上がり9位! 6位大分との勝ち点差は僅かに2! 完全に射程圏内です。まぁ、13位の岐阜との差も3ですから、油断できませんが。
 次節は熊本、その次は長崎と九州でアウェー連戦。ホームに戻ってくるのは23日、大分戦です。九州で勝ち点を積み上げ、この大分戦あたりで勝負をかけていきたい!

観戦① 3/2愛媛戦 0-0△
観戦② 3/23山形戦 2-1○
観戦③ 4/6熊本戦 0-1●
観戦④ 4/14岐阜戦 0-1●
観戦⑤ 4/26湘南戦 1-3●
観戦⑥ 5/6京都戦 0-2●
観戦⑦ 5/25千葉戦 0-0△
観戦⑧ 6/28東京V戦 0-0△
観戦⑨ 7/26磐田戦 4-0○
観戦⑩ 8/3富山戦 2-0○
観戦⑪ 8/25東京V戦 1-1△
観戦⑫ 8/31福岡戦 2-0○
観戦⑬ 9/6群馬戦 1-0○


 私の観戦も7戦負けなし、5勝4敗4分と、ついに勝ち星先行! ホームで勝てなかったというのも、磐田戦以来5連勝です。23日、気合入れて待ってるぜ!

 ところで、ヒュンメルショップではシューズを買いました。
2014 09-06 12
 私のはピンクがきいてるフットサルシューズ。これ、職場で使います。職場は上履きを使うのですが、機動力が必要なのです。
 小さいのは弟くん用。なかなかカッコいい。お姉ちゃんはグリーンの洒落たTシャツでした。
 今回は冬用のウェアがなかったのが残念でした。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。