≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015 横浜FC新体制発表 

 …といっても見に行けませんでしたが。

 結局、これ以上の補強の情報なし。…本気?
 どんな空気だったかわかりませんが、少なくとも去年は「今年こそ」という雰囲気を感じさせてくれました。今年は、どうだったのでしょうか。

 昨シーズンのゴタゴタの中で、サポのフロントに対する不信感は高まっています。

 私自身はミーティング等にも参加していないので、状況がわからない単なる一クラメンでしかないので、批判する資格はあまりないとは思っていますが、年末に届いたレポートを読んでもその辺りの確執が決着しているとは思えません。

 ただ、クラブの運営に対する批判が高まる中、ここ数年で放出した選手をすべて戻すことが、本来あるべきクラブの強化ということになるのでしょうか

 出場機会などの面でやむを得ず放出した選手もいたでしょうが、明らかに出場機会を失って(または得られず)、言葉は厳しいですが「見切る」形で放出したということもあったはず。
 それを見境なく(としか思えません)呼び戻すことは、放出の判断は何だったんだと。そんなに放出選手を戻したいなら、シュナ潤やカイオ、太田宏介、菅野あたりも呼んでくれよ。

 スンジンは出場機会のないまま1年で放出されました。しかし徳島で経験を積み、信頼できるDFに育っていました。そういう選手を呼び戻すことは、理解できます。実際、彼は素晴らしい活躍をしてくれました。

 しかし、今回呼び戻した選手はどうでしょうか? J2で結果を出していたのは、ジャンボと中里くらい? テホンも出場機会を得ていましたが。

 それ以外の選手を誹謗するつもりはありません。戻ってきてくれた以上期待して応援します。しかし、そのクラブの行いが、誠実さを感じさせないのです。

 例えばFW。今の編成では、黒津・カズ・大久保・青木の4人。なんと20代は青木だけ。このメンバーでどれだけの得点が期待できるのでしょうか。
 得点力不足に泣き、しかも補強がないままで1年を過ごした14シーズンは、結局2ケタ得点の選手がいませんでした。総得点ではJ2で14位なのです。失点の少なさは8位でも、これでは上昇は見込めません。
 そりゃ、去年はFWの総得点は黒津7、ホナウド1、ソンホ3、で11点(一昨年のジャンボが12点)という始末ですから、FWのゴールは増える可能性はありますがね。

 昨シーズンの選手が殆ど残ったとはいえ、ドウグラス・松下裕樹というセンターラインで守備を支えた選手がいなくなりました。
 この補強はというと、CBはテホン・楠元。ボランチは中里・井手口・フミン。補強になってますか?

 ホントにこの体制が上昇のため、というなら、フロントは本気でアホです。いや、結果として穴埋めできるかもしれないけど、補強は確率の問題でしょ? 今まで結果を出せなかった選手が化けるのを期待してるのは、フロントの姿勢とはしては間違いです。

 昨年はブラジル人FW2人の獲得を公言して失敗したから、獲得を秘密裏で進めている、というならいいのですが、保有選手数も昨年より5人増えてますからあまり現実味がありません。

 ダラダラ書きましたが、正直、このままでは今回の編成は厳しくフロント批判をしたサポへの当て付けに感じます。
 コーチ人も連れてこずに単身やってきたルス監督は、そのスケープゴートなのでは? 今までの流れを突然断ち切るような監督起用がその疑いに拍車をかけています。今までなら、その是非はともかく城彰二あたりがなる方がよほど自然でしたよ。

 期待を持って迎えた新体制発表を、このようにボロクソに書かなくてはいけないというのは哀しいものです。
 あとは、現場がそんな心配を吹っ飛ばすような活躍をしてくれることを祈るのみです。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。