≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015 アジアカップ 日本vsUAE 

 延長に入って、長友が傷んだ段階で終わりましたな。

 決定力のなさに驚きますが、今回は能力というより、そもそもゴールを決めるためのことをしていないのだから、そりゃ点が入ることはありません、という感じでした。

 まず、動き出しが少ない。前線の選手ほとんどが、足を止めてトラップし、それから動く。そして、動いてから出ないと周囲も動かない。もっとダイレクトを使って崩さなけりゃいけないと思いますが、そういう動きがないので、中央を固めたUAEを崩せず、外にだすしかない。
 サイドからは単調なクロスが入るだけで工夫がないから、そりゃ守るのも楽ですね。

 シュートの無駄撃ちが多い。香川とか、どれだけ遠目から打ちまくってんの? しかも枠に行かないし。
 香川は枠内シュートが少なすぎましたね。それで攻撃の流れをきっちゃダメでしょ。相手GKもかなりの実力者で、単調なシュートがゴールに結びつくことがないのは分かりそうなもんですが…。

 後半から見てたのですが、武藤・柴崎が入って、動きは明らかに良くなりました。でも、単調な攻撃は変わらず。
 柴崎のゴールは、縦に鋭いクサビを入れ、本田の落としをさらにダイレクトで打ったもの。これはどんなに固めても対応しづらい、ゴラッソでした。

 勝ち越しこそならなかったものの、あとは延長でじっくり料理、というところで長友が負傷。交代枠を使いきっていて、足を引きずる長友をピッチに残さざるを得ません。そのサイドを狙われ、後ろが気になるようになって日本の攻撃も厚みがなくなり、こりゃ駄目だ、という感じになりました。

 案の定、迫力のない攻撃で延長が終わります。唯一の可能性は柴崎のFKでしたかね。
 PKともなれば、あたってるUAEのGK相手では厳しかった。それに比べ、川島の大ハズレなこと…。むかし、アジアユースで神がかりのPKストップをしたことがウソのようです。

 それにしても、崩しの動きがない悪癖は、ザッケローニ以来の宿痾です。結局遠藤・長谷部を戻したことでザッケローニと同じチームになりました。こうなったら、4-2-3-1だろうと4-3-3だろうと関係ありません。体質の問題ですからね。

 試合後に大仁会長がさっさとアギーレ続投を名言。訴訟のことも片がついていないし、今回の総括もしないうちにトップがそう言うんじゃどうしようもないね。こんなだから代表は強くならないんだよ。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。