≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


支那様に尻尾フリフリ 

<中国主導銀>参加見送りに野党批判「外交の完全敗北」
4月2日(木)20時24分 毎日新聞

 野党各党は中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)を巡って、安倍政権が当面の参加見送りを表明したことに批判を強めている。統一地方選の投票日を目前に控え、安倍政権のアジア外交に焦点を当てる狙いもありそうだ。

 維新の党の江田憲司代表は2日の記者会見で、主要国の相次ぐ参加表明について「中国外交の勝利、日本外交の完全敗北だ」と強く批判。「アジア経済、インフラ開発の秩序作りに貢献すべきだ。今からでも遅くはないので参加してほしい」と要求した。

 民主党の蓮舫代表代行は2日、「貧困解消や格差是正などのために日本はアジアで努力すべきだったが、結果は成功していない」と指摘。主要7カ国(G7)では日米が孤立した状況で、「結束の乱れは大きな失態だ」(岡田克也代表)との声が強まっている。

 共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で「アメリカの顔色だけをうかがう自主性のなさが露呈した。アジアで参加していないのは日本と北朝鮮くらいで、参加すべきだ」と強調。普段は足並みがそろわない野党各党が、この問題では政権批判でまとまった。【村尾哲】


-------------------------------------

 まず、思い出してほしい。支那が東シナ海や南シナ海で何をしているかを。

 尖閣を侵略しようとし、国際法を無視して大陸棚の権益を独占しようとし、南沙諸島を軍事的に支配しようとしている。

 支那には一貫した目的がある。それはアジア・太平洋の制覇だ。そのためにはアメリカ・日本の経済力・軍事力がネックになっている。

 軍事的には、沖縄だ。支那の太平洋進出のボトルネックになっている沖縄から、米軍がいなくなるのが望ましい。沖縄のシナ大好き連中が辺野古問題で馬鹿騒ぎしているのは、まぁ、そういうわけだろう。

 経済的には、ドル建ての経済だ。さらに円まで絡んでいる。だから、インフラ整備が遅れているアジアで、支那がその資金の供給源となれば、経済支配を進行できる。
 ただ、バブルが弾け始めている支那経済の人民元でそれをするのは難しい。

 だから、「銀行」だ。各国から資金を集め、支那主導でインフラ資金を供給する。その影響力は絶大だろう。AIIBは、アジアのインフラ資金の供給の差配を支那に任せるということにほかならない。

 もちろん、日米が出資してきた「アジア開発銀行」も、同じような意味を持っている。

 しかし、日米と支那の根本的な違いをもう一度考えてほしい。

 なんだかんだ言っても、日米は言論の自由も保証され、議会が機能している民主主義国家である。
 
 支那は、言論の自由などない、一党独裁の覇権主義国家であり、民主主義のかけらもないくになのだ。

 支那に尻尾振ってる野党の連中は、支那の共産党に世界中から集めた資金を預ける意味を考えたことがあるのか?

 共産党の恣意かずおは、

>アメリカの顔色だけをうかがう自主性のなさ

 とか言ってるけど、自分は支那や朝鮮の顔色をうかがうどころか、その奴隷じゃね~か。

 江田の主張もおかしい。

>今からでも遅くはないので参加してほしい

 これなんて、サヨクが必死に攻撃する、戦前の日本姿勢そのもの。「バスに乗り遅れるな」ってやつな。
 この程度の発想しかないやつが、うちの選挙区の当選者かと思うと絶望的な気持ちだよ。金輪際江田に入れん。まぁ、入れたことはないけど。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。