≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アカヒらしい、タイトルと中身の相違 

安倍首相の演説、韓国が遺憾表明 「おわび」なしを批判
2015年4月23日01時10分 朝日新聞

 ジャカルタで開かれているアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年首脳会議。安倍晋三首相が22日に行った演説について、韓国は、戦後70年で過去の「おわび」に言及がなかった点を批判した。一方、東南アジア諸国に問題視する空気は薄かった。

 韓国外交省の当局者は22日、安倍氏の演説について「深い遺憾の意を表す」とコメント。安倍氏が村山談話など歴代内閣の談話や歴史認識を継承するとの立場を公言してきたにもかかわらず、「植民地支配と侵略」に対する謝罪と反省という「核心的な表現」を落としたと批判した。

 一方、会議に出席したマレーシアのチーク通信マルチメディア相は「(おわびがなかったことに)大きな意味は見いだしていない。日本による占領という暗い時代、残酷な時代を多くのアジア人は心のなかに覚えている。しかし、今は前進すべき時だ。貧困のない、正義ある社会をどうつくるか。協力し合う必要がある」と話した。

 ミャンマーのワナマウンルウィン外相は「アジアとアフリカの途上国と協力を深めていく姿勢が示されて、いい演説だった」と評価。「侵略」や「おわび」については、「特に我々が言うべきことはない」。

 カンボジアのホー・ナムホン外相も「(おわびなどの言及は)安倍首相が判断すること」、インドネシアの外務次官は「演説で触れられていない言葉についてコメントはない」と話し、主な関心は日本によるアジア・アフリカ地域への積極的な経済関与だとした。(ソウル=貝瀬秋彦、ジャカルタ=古谷祐伸、大野良祐)


-------------------------------------

 アカヒは天声人語とかいう戯言が受験に出るとか言ってるけど、このタイトルは内容の要点を表していないから、こんなの読んでたら合格できませんねwwww

 素直な読解をしてみますと、

①安倍首相の演説に「おわび」がなかった。
②シモ朝鮮外交省当局者(誰だてめえ)は演説に対し「遺憾の意」
③マレーシア首相「(おわびがなかったことに)大きな意味は見出していない
④ミャンマー外相「いい演説だった」
⑤カンボジア外相「(おわびなどの言及は)安倍首相が判断すること」
⑥インドネシア外務次官「演説で触れられていない言葉についてコメントはない」


 マレーシアもミャンマーもカンボジアもインドネシアもシモ朝鮮から孤立してるwwww

 こういう内容であれば、タイトルとして採用すべきはシモ朝鮮の批判ではないとわかるんだけど、アカヒは読者を馬鹿にしてるんでしょうな。どうせ見出しだけ見て中身なんか読む奴はいないってね。

 つまりアカヒ読者とシモ朝鮮からアジアが孤立していくわけですね。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。