≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


腐りきってる天声人語 

天声人語
2015年5月3日(日)付 朝日新聞

時代の変化に的確に対応することは難しい。たとえば社会から自由が失われようとしている時、自由など今どき通用しないのだという頭ごなしの主張が世の中で幅を利かせる。すると人々はその変化を仕方ないこととして納得してしまう▼

これは将基面貴巳(しょうぎめんたかし)さんが昨年出した『言論抑圧』が描く戦前日本の姿だ。東京帝大教授だった矢内原(やないはら)忠雄は1937年、軍国化を進める政府に批判的な論文を書き、辞職に追い込まれた。この「事件」を素材に、著者は同調圧力の怖さを示す▼

当時のような危うい変化の時を、今まさに迎えている。そんな危機感から、「学問の自由を考える会」が先日発足した。国立大学の入学式などで国旗を掲揚し、国歌を斉唱するよう文科相が「要請」するという話が出て、大学教授らが立ち上がった▼

強制ではない。儀式でのことであり、研究や教育内容への介入ではない――。こうした声に、会の代表で教育学者の広田照幸さんらは反論する。要請は必ず圧力になる。式自体も教育の機会であり、今回これを認めれば、政府が研究の中身にまで口を出す突破口になりかねない、と▼

会が強調するように、真理の探究とは既成の権威への挑戦にほかならない。大勢順応や付和雷同とは対極にある営みだ。大学に無神経な同調圧力を加えるなら、創造的な成果を生む芽を摘んでしまわないか▼

憲法は学問の自由を保障する。歴史に見る通り、一度失った自由は容易に取り戻せない。きょう、改めて心に刻みたい。


-------------------------------------

 天声人語の下らなさを一言で表現するなら、「ひとりよがり」。

 とにかく、自分の意見だけが正しく、物事を別視点でみることがない。しばしば(というより常に)ダブルスタンダードに陥るが、そこに気づくこともなく、したがって自らを省みることもない。
 コラムは新聞の一方の「顔」であり、その新聞社の論調のシンボルですから、天声人語の上のような特徴は、朝日新聞の社としての特徴と言えます。

 「同調圧力」というのは、非常に漠然としたことで、ある意味なんでも同調圧力と呼べます。まぁ、「流行」ってのはその典型で。
 サヨクが反自民・反安倍で論陣張ってるのも、同調圧力を生み出そうとしているわけだし、国旗・国家を強制はやめろというのも、これまた同調圧力。
 サヨクがずっと日本は悪い事したから謝らなきゃいけない、と言い続けいるのも同調圧力です。朝日新聞はそれをマスメディアという巨大な力で恣意的にコントロールしようとしているわけで、同調圧力以上にタチが悪いのです。

 それを棚に上げて、自分たちの意に沿わない動きを「同調圧力」とレッテル貼りをしていくのはサヨクの常套手段。自分たちはよくて、他はダメというダブルスタンダードは、すでに見透かされていますが、それすら気づかない。
 いや、気づくのを恐れているのです。だから、マスゴミがゴミであることに気づかない人たちだけを相手にひたすら洗脳を続けている。それが朝日新聞。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。