≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新潟ツアー 新潟・福島雑感 

 越後平野の治水のことと、揚北衆についてまとめましたが、ここでは旅の雑感やこぼれ話を点綴して行きたいと思います。

 新潟県には何度も行っていますが、実は新潟市街にちゃんと行くのは初めてでした。史跡めぐりや社会科見学中心の私の旅ではよくあることで、県庁所在地にあまり用がないのですよ。札幌とか、秋田とか、富山とか宮崎とか、今でも行ったことないのです。
 新潟も土地勘がないので、地図とにらめっこ。見えてきたのは、信濃川と関屋分水で島のようになっている(実際に地元の人は島と呼んでいるようですね)地域が、本来の「新潟」であること。市役所をはじめとして、古町と言われる繁華街などがあります。ところがJRの新潟駅はその対岸にあります。これは信濃川の川幅が広く、鉄橋などの建設の負担を考えてのこと。
 実際に1930年の新潟の地図を見ると、市街地はほとんど「島」にあることが分かります。

2015新潟雑感 23
 対岸の小さな市街地は「沼垂」という町で、江戸時代には新発田藩(沼垂)と長岡藩(新潟)で支配が違いました。新潟との間に利権争いがあり、明治時代には新潟駅の誘致を巡って爆破騒ぎが起きるほど。前述の理由で沼垂側に駅ができると、次第に市街が一体化し、現在に至ります。現在の新潟駅周辺は新しい商業街になり、多少「島」とは毛色が違うようですね。

2015新潟雑感 1
 新潟市歴史博物館は「島」側にあり、そこから信濃川を挟んで対岸を見ると、ちょうど佐渡行きのフェリーが停泊していました。

2015新潟雑感 2
 左側がコンベンションセンター「朱鷺メッセ」、高いビルが日航ホテルです。

 新潟でお知り合いになった女の子に、新潟名物を教えてもらいました。色々回ったあとに、「島」にあるバスセンターに行くと、「みかづき」というお店があります。
2015新潟雑感 4

 ここで新潟の庶民の味「イタリアン」を食べてみました。
2015新潟雑感 3
 分かりますか? 簡単に言うと、ソース焼きそばにトマトソースがかかっているのです。お値段330円と格安。お昼もだいぶ過ぎてお店に入ったのですが、かなり繁盛していて、多くの人がこれを食べています。新潟市民は昔からこれに慣れ親しんでいて、県外に出て初めて新潟独自のものと気づく人もいるんだとか。面白いですね。
 味はというと、トマトソースが意外にしっくりと来まして、なかなかオツなもんでございました。

 その後、福島潟でみかけた美大生デザインの手ぬぐいを見ると…。
2015新潟雑感 16
 イタリアン(笑)

▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。