≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015夏 南三陸ボランティアへ 

 今年の夏も南三陸町へ行ってきました。3月のボランティア感謝の集い以来になります(記事はこちらこちら)。このイベントのあと、ボランティアセンターのテントが解体になり、様変わりしたであろう役場周辺が気になっていました。

 先週金曜日、仕事を定時で終わらせて、そのままバイクで出発。雨の東北道をひた走り、22時半過ぎに宮城県登米市に到着。そのままホテルで一泊し、翌朝ボランティア活動開始の時間にあわせて南三陸町に入りました。
 すっかり慣れた道を通って役場そばの駐車場へ。今まではここで目に飛び込んできたボラセンの大きなテントがありません。
2015南三陸夏 8

 ちなみに2012年にはこんな感じでした。
2015南三陸夏 1
 隣のプレハブは社会福祉協議会のもの。ここは残っていて、ボラセンは規模を小さくして社協の中に入ったのです。ボラセンの向こう側の山はすっかり削られ、ボラセンがあった場所も含めて住宅街として造成されます。

 去年はまだ造成途中で残っていた駐車場背後の山も…
2015南三陸夏 6

 ことしはつるりとしています。毎年の感想ですが、来るたびに風景が変わっています。
2015南三陸夏 9

 1日目は、戸倉地区で農業支援です。偶然にも、昨年秋(こちら)に活動したのと同じ場所でした。
 とはいえ、この辺りもずいぶん様子が変わっていて、ハウスもたくさん建っていたのではじめは全然気づきませんでしたが。

 今回も団体さんが多くて、100人超が参加。ハウスの中で恒例の石の除去作業です。
2015南三陸夏 10
2015南三陸夏 11
 昨年もそうだったのですが、非常に粘土質の多い土です。昨年は雨の後で土がかなり粘っこい感じでしたが、今回はハウスの中で乾燥していて、その粘土がガッチリ固まっていました。粘土なんだか岩なんだかわからない状態で、結構苦労しました。
 しかも午後は日差しも出て、外は25℃くらいの過ごしやすい気候なのに、ハウスの中は暑いこと! でも頑張りましたよ~。
 出身中学がお隣だった人もいて、ホントの世間は狭いなと思いました。

2015南三陸夏 14
 昨年頑張ったあたりはもう菊の栽培が行われていました。きれいに咲き乱れていて嬉しくなりました。それにしてもいくらボランティアで石を取り除いたりしても、そこから栽培可能な土にするまでは非常に苦労されたのではないかと思います。

 2日目は、一般のボランティアではなく、「南三陸応縁団」が運営する「恩送りファームおでって」に参加しました。南三陸農工房さんが運営する農場のお手伝いです。
 通常のボランティアでは周りの人もみんなボランティアですから、あまり地元の方とお話できないのですが、「おでって」ではばっちり農家の方にご指導いただけるので、たくさんお話を聞けます。

 南三陸農工房の畑は入谷地区にあります。入谷は志津川から少し内陸に入った地域で、海からも遠いので津波の被害を受けていません。逆に震災後は支援の拠点として貴重な場所でした。今はのどかな農村です。
2015南三陸夏 25

 作業も完全に「農作業」。人参の中耕作業や殺菌剤、肥料の散布、大根の播種などを行いました。「おでって」について詳しくは応縁団のサイトで(こちら)!
2015南三陸夏 26

 休憩時間には美味しいスイカも頂きました。甘いのなんの!
2015南三陸夏 27

 というわけで、2日間でしたが有意義な活動ができたと思います。もちろん、これからも何度でも参加しますよ!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。