≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016 横浜FC展望 

 2016シーズンの横浜FC新体制発表が行なわれました。追加の補強を考えているようですが、現時点での戦力を確認したいと思います。
 昨オフは、ルーキー以外は在籍経験のある選手を呼び戻しただけで、ホントの意味での新加入は上田だけという異常な編成でした。開幕前なのにどんよりしてしまったのですが、今オフは千葉のような派手なものではありませんが、実績のある選手の補強があり、少しは明るい気分でのぞめそうです。
 順番は背番号順、( )は年齢、青字は新加入です。

GK
渋谷飛翔(20)・南雄太(36)・高丘陽平(19)
 昨シーズンから村井が抜けただけ。南のレギュラーは揺るがないところでしょう。渋谷が伸び悩んでいるのか、昨シーズンは南がフル出場でした。中堅がいないだけに、そろそろ若い2人のどちらかが出てこないと…。

CB
野上結貴(24)・デニス(29)西河翔吾(32)・楠元秀真(23)
 昨季最大の弱点だったCBは、テホン・森本が抜けました。実績のある西河に、新外国人デニスの加入には、野上もうかうかできません。実際にはデニス次第ですね。トゥイード軍曹のようになってくれるといいのですが。
 若い楠元もふくめてかなりバランスの良い構成になりました。フィットしてくれれば一転してストロングポイントになるかもしれません。MF登録の藤井もCBができますので、緊急時もなんとかなるかな。楠元はもっと伸びてくれ。

SB
田所諒(29)・市村篤司(31)・永田拓也(25)
 中島が退団、時折SBを務めた小池が移籍しました。左は、岡山で存在感を示していた田所が加入。運動量も多い選手で、十分に中島の穴は埋まりそう。逆に永田はまだ信用がないってことかな。
 右は今のところ市村一択。昨季バックアップがおらず苦しかったのですが…。石井か藤井がここに入るかもしれません。

DMF
中里崇宏(25)・佐藤謙介(26)・寺田紳一(30)・安英学(37)・大崎玲央(24)・石井圭太(20)・藤井悠太(24)グエン(20)
 急に人材豊富になってきた。No6になった中里に期待がかかってるのかな。個人的には今年も謙介推しです。昨季主にボランチに入ったのが、寺田・中里・佐藤。3人とも守備よりも攻撃的な選手で、中盤でブロックが効きにくい難点がありました。やはり1人は守備的な選手のほうがいいと思うんですよね。実際、終盤にヨンハが復帰してからはかなり起用されましたし。ただそのヨンハも衰えはありますから、未知数の大崎に期待。デカイしね。
 寺田と佐藤は前でもいけるので、後ろを固めて前で勝負させるかもしれません。
 藤井は移籍発表ではDFで紹介されましたが、背番号の発表ではMF。どこが一番いいんだろう。器用貧乏で終わらぬように…。
 話題の「ヴェトナムのピルロ」グエンは小柄ですし、守備面はやや不安かな。どういう起用になるのか、話題だけで終わらぬように。
 石井くんは勝負の年、そろそろ本職のボランチで出場して欲しいけど、まだ厳しいか?

OMF
内田智也(32)・野崎陽介(30)・野村直輝(24)・小野瀬康介(22)・ロク(28)・ナソンス(22)・松下年宏(32)・上田 悠起(19)・前嶋洋太(18)
 小池の移籍が痛いアタッカー陣。急遽野崎を契約更新しました。前嶋以外新加入なしですから、伸び代に欠けますね。
 前で起用される可能性のある寺田・佐藤も含めて、足元で勝負する選手が多く、縦に速い選手が少ないのが難点。松下が軸にはなるでしょうが、それを揺るがす若手が出てこないと、昨季のような得点力不足になりますよ。内田は以前のようにボランチで起用しないのかな。
 FWが少ないので、昨季のようにこのメンツからトップ下や1.5列目としてFW起用されることもありそうです。
 難しいのはロク・シュトラウスの起用法ですね。終盤にやっとフィットしそうな感じがしましたので、最初からチームに参加する今年は化けるか?
 昨シーズン、ルス監督が序盤重用していたのが小野瀬ですが、結果を出したとは言いがたい。野村とともに、一皮むけるのか?
 最後まで契約更新情報が出なかったナ・ソンスですが、まだ戦力として考えてるのかな? 「永遠の秘密兵器」では困るのだが。

FW
津田知宏(29)・三浦知良(48)・齋藤 功佑(18)・大久保哲哉(35)
 記者会見で中田さんが「空いてる番号があります」といって補強を示唆した時、誰もがもう一枚FWを! と思ったことでしょう。相変わらず手薄です。会場でデニスがサプライズ紹介された時、FWちゃうんか!とツッコミたかった人も多いでしょうし。
 ただ津田は期待。徳島でも存在感あったし、パワフルなプレーは楽しみ。
 このメンバーだと、津田を中心にワントップでいくか、津田・大久保の2トップか、ということになるでしょう。そこにカズを混ぜていく感じで。齋藤くんはまだどうともわかりませんからね。昨季全試合出場の大久保は津田の加入で負担が減って、逆にチャンスが増えるかもしれませんね。
 ただ、このメンツだと流れを一気に変えるタイプがいない。FWに限った話ではないが、これでは長いシーズンを乗りきれないと思う。

 こうやって見ると、若い選手が急増したな、と思う。ただ、渋谷・高丘・石井・上田・ソンスと芽が出たとは言いがたい。いつまでも「期待の若手」を待っていられないのです。ウチで期待通り育ったといえるのは野上くらい。謙介・中里・小野瀬・野村はまだまだ。移籍してきた中堅選手が活躍するばかりでは寂しい。今年も齋藤・前嶋と2人上がってきて、ユース組は5人となりました。彼らがチームの根幹になる日が早く来ますように。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。