≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


右へならえはよくないですな~ 

LED電球「10年もつ」に疑問の声 「また切れた」の声続出の理由とは
2016/2/24 19:28 J-CASTニュース 

 LED電球は本当に長寿命なのか――。「10年もつ」との触れ込みで登場し、ここ最近で急速に普及した次世代の照明器具をめぐり、こんな「疑惑」がネットで注目を集めている。
高い省電力性能と「4万時間」ともいわれる長寿命がウリのはずが、ネット上で「買ったばかりなのにLED電球が切れた」との報告が相次いでいるのだ。

LED電球の寿命は「短い」って本当なの?
 「10年もつはずのLEDが...」
 “「電気屋としては何とも言い訳がましいのですが、長寿命をうたって勧めてきたLED電球がボチボチ切れてきました」
LED電球の寿命への疑問について注目を集めるきっかけとなったのは、都内のある家電店のオーナーが2016年2月19日に更新したブログ記事だ。「LED電球が寿命より前に切れた」との相談が増えていることを明かしつつ、メーカー各社がうたう「長寿命」という宣伝文句は信じられないと言及している。

さらにブログでは、点灯しなくなった「大手メーカー」のLED電球を分解し、故障の原因を調べている。各部品をチェックした結果、電球の発光部には問題がなかったが、基盤部分の「電解コンデンサー」というパーツが熱で故障していた。続けて、LED電球が点かなくなる原因のほとんどが基盤部分の故障にあるといい、一部の製品には「欠陥がある」と指摘している。

実は、同様の指摘は海外のLEDメーカーからも上がっている。高級LED照明を専門に扱う「ジェイク・ダイソン・ライト」のジェイク・ダイソン社長は15年6月、日本の家電サイトのインタビューで、「LED電球が長寿命というのは誤った情報だ」と断言。日本で販売されているLED電球のほとんどが放熱能力に課題を抱えており、「4万時間もの寿命があるとは思えない」と分析している。

こうした指摘の通り、ネット上でも「買ったばかりなのにLED電球が切れた」との報告が相次いでいる。ツイッターで「LED 切れた」と検索すると、「10年もつはずのLEDが半年で切れた」「またLED電球が切れた」などといった投稿が少なくとも数百件単位で見つかる。

また、消費者からの苦情を受け付ける「国民生活センター」のウェブサイト「よくある情報提供と回答」欄にも、「LED照明がたった1年程で点灯しなくなってしまった」(14年2月)との内容が掲載されている。回答欄では、種類にもよるが、数年の保証期間が設けられている製品もあるとして、購入時に保証期間の有無を確認することなどを勧めている。

トラブルが発生するのは...
ただ、LED照明の設置やメンテナンスを専門に行う都内のサービス企業によると、「過去にLED電球をめぐるトラブルが多発していたことは確かですが、最近は減ってきています」という。

“「LEDが市場に登場した当初は、様々なメーカーが参入していたため、正直なところ粗悪な製品が多数出回っていました。そうした状況の中で、LED電球が『すぐに切れてしまった』といった相談は、弊社の方にも相当数寄せられていたことは確かです。ただ、最近はメーカーが淘汰されてきたこともあり、ゼロではないですが相談件数は激減しました」

トラブルが発生する製品のほとんどは中国製で、故障個所は「点灯回路系の不具合が圧倒的に多い」という。さらに、「(中国製は)放熱性能が不十分で、回路がやられてしまうケースが目立ちます」と指摘。その上で、「日本製の商品であれば、不具合が発生することはまずありえないと思います」と補足した。

また、東芝の子会社でLED器具を販売する「東芝ライテック」は16年2月24日、J-CASTニュースの取材に対し、
“「確かに、環境によっては回路に故障が発生し、当社が試算した『4万時間』という製品寿命より前にLED製品に不具合が起きる可能性もございます。そのような場合、当社は製品寿命とは別に『保証期間』を設けておりますので、期間内であれば製品の修理や交換に応じます」
と答えた。

東芝ライテックはLED照明器具については保証期間を設けているが、「LED電球」は消耗品として保証の対象としていない。他の国内メーカーを見ても、電球の場合は長くとも3年ほどで保証が切れる。こうした状況に、一部のネットユーザーからは「高価なLED電球には長期保証を付けるべきだろう」「制御回路の保証はこれくらいなんだろうな」との声も飛んでいる。


--------------------------------------

 うちの実家ではリビングのシーリングをLEDに替えた時、「あまり長寿命なら、こっちの寿命が負けるな」なんて親父殿が言っていました。
 我が家はというと、ダイニングのダウンライト、門灯・玄関灯、テラスのライトがLEDです。

 ただ、先日子供部屋のシーリングが一つ壊れまして、新しいのを買うことになりました。すでに将来的な蛍光管の販売実質停止というニュースも聞いていましたし、実際に電気屋さんに行ったらLEDのシーリングしか売っていないわけで、LEDシーリングに買い換えたわけです。

 その時に色々聞いたことは、

①数年すると、明るさが減少する。
②ライトより基盤が損耗する。

 ということでした。
 まず①について。これは正直意外でした。少しずつ暗くなるので、なるべく大きいのを買ったほうがいいとのこと。子供部屋は6畳余りですが、10畳用とか買いました。そうするとフルに明るくする必要がなく、少し明るさを落としてちょうどいい。そうすると機器への負担が少ないし、暗くなってきたら明度を上げればいいとのこと。なんか矛盾してるような…。

 ②については、シーリングのカバーを外して唖然。基盤にLEDの発光部分が埋め込まれてるから、なにか故障があったら全部ダメなのね。蛍光灯は、蛍光管だけ交換でいいし、ベースの耐久性もそんなに低くない。蛍光管だって、いうほどすぐにダメになったりはしないでしょ。となれば、10年しないで全交換になってしまうLEDのほうがコスパ悪いんでねぇの?

 なんか、LEDのほうが長寿命だし、電力消費も少ないし、って一気に流れがきたわけですが、業界&政官挙げての右へならえはなんかあるよね、やっぱり。あまり乗っからないほうがいいってのを改めて感じました。
 蛍光灯のメリットもあると思うんだけどな~。

 たとえば学校なんか小中高の教室全部をLEDにするとなったら、どれだけのコストになるんだか。こういうのは自然の流れで少しずつ変わっていくほうがいいと思うんだけどね。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。